TOEFL模試はオンラインで無料受験可能!!これで本番対策はばっちり!

オンライン

TOEFLは英語のスキルを評価するための全国共通のテストで、とても難易度が高いです。

英語を使用してのコミュニケーションなど、どのくらい実用的に使えるレベルなのかが評価されます。

そのため、TOEFLで高評価をされるということは、現在のグローバル社会では、就職などでとても有利になると言えます。

しかしとても難しいテストですので、しっかりと事前に準備や学習をしておかないと、受験料の3万円が無駄になってしまいかねません。

本番でしっかり実力を出すためにも、オンラインで出来る無料の模試で対策をしましょう。

どのような無料のオンライン模試があるのか?ご紹介いたします。

その他、無料だけでなく、有料の模試、オンライン学習方法もご紹介していきますので、もし、あなたがTOEFL受験を考えているのであれば、是非お読みください!

 

 

TOEFL模試をオンラインで受けられる無料版をご紹介

無料で出来る、オンライン模試を3種類みつけました。

オンラインで手軽に実施できることと、料金も無料ですので、本番のテスト前に上手に活用し、しっかりと本番のテスト前に対策していきたいですね。

3種類のオンライン模試がどのようなものがあるのか?ご紹介していきます。

また、TOEFLの模試を調べていると「IBT形式」とよく見かけると思います。

私は、調べている最中に、どんな意味なんだろう?と思ったため、こちらの説明もいたします。

このIBT形式とは「Internet-Based Testing」の略で、テストの方法を示しています。

テストの具体的な方法としては、受験者は決められた日時にテスト会場に出向き、割り当てられたコンピュータでテストを受ける形式となります。

2006年のTOEFLテストから、問題内容や構成、能力の測定方法が大きく変わりました。

そのため、模試を受ける時は、テスト本番に近いIBT形式と記載されているものを、受けることをおすすめいたします。

それでは、無料のオンライン模試についてご紹介いたします。

 

TOEFLミニオンライン模擬試験

TOEFLミニオンライン模擬試験は、テスト開発機関であるETSのTOEFL本試験に基づいた、iBT形式を40分に短縮した本格的なテストとなります。

各設問は、一問一問表示されていきます。テストは「リスニング(聞く)」と「リーディング(読む)」の2セクションあり、現在のTOEFL英語力を測ることができます。

まずは、現在の実力試しに良いテストと言えます。

 

TOEFL iBT®無料模擬テスト

TOEFL iBT®無料模擬テストには、4つのセクション全てを網羅しています。

4つのセクションとは、「リーディング(読む)」「リスニング(聞く)」「スピーキング(話す)」「ライティング(書く)」の英語4技能です。

また、実際の過去問題も含む模試となっています。

テストの各セクションを練習することや、実際のテストで出題される問題の種類や内容に慣れることで、テストセクションの構成を理解できます。

サイトに入ったら、「無料体験はこちら」をクリックして、「1週間無料体験」を申し込みします。

7日間以内にキャンセルすると、費用はかかりませんので、まずは試してみましょう。

4つのセクションに対して、テストができるので、本番のイメージに近い練習ができそうですね。

無料なのに、テストで網羅できる範囲が広いところが嬉しいですね。

testden

testdenの模試にかかる時間は30分です。こちらも4つのセクションの問題が含まれています。

「リーディング(読む)」「リスニング(聞く)」「スピーキング(話す)」「ライティング(書く)」のテストを受けることができます。

testdenでは、毎月トップ10のスコアをとると、抽選で1名にiPodが送られます。タイムリーに高得点者のランキングにアップされている仕掛けは、面白いです。

このような、モチベーションを上げれるような仕掛けは、勉強をしていると助かりますね。

模試は5パターン用意されており、最高5回まで挑戦できます。テストは各回制限時間30分です。

いろいろなパターンで試すことができるので、同じテストだと飽きてしまうという場合は、おすすめです。

 

 

TOEFL模試のおすすめ有料版

TOEFLのオンラインで受けられる模試の中には、もちろん、有料のものがあります。

せっかくお金をかけるのであれば、公式模試がおすすめです。公式模試として、唯一、TOEFL® Practice Onlineテストというものがあります。

TOEFL® Practice Onlineテストは、どのような模試なのか?見ていきましょう。

 

公式模試なのでフィードバックを受けられる

テストセンターで行われるのと同じ方式で、本物のテスト問題を解き、採点されます。

スコアとテストで測定された、4つのスキルに対する採点フィードバックを、24時間以内に受け取ることができる点もおすすめポイントです。

オンラインで、場所を問わずあらゆる環境でも、24時間365日模試を受験することが可能です。

完全版テスト、ハーフ版テスト、またはSpeakingテストを含んだものから選択可能です。

問題内容は、完全版テスト、ハーフ版テストなどで異なるため、何度か繰り返し受けると新たな問題を解くことができ、テスト対策に効果的です。

それでは、実際に受けるためにはどうしたら良いのでしょうか。

受験方法

TOEFLの公式オンライン模試TOEFL Practice Onlineを受ける方法は、2つあります。

TOEFLの問題を作成しているETSの直営サイトから申し込む方法と、TOEFLテスト日本事務所が運営する、公式オンラインショップから申し込む方法があります。

どちらで申し込みを行っても公式の模試を受けることができます。それぞれ料金や対応時間などが異なります。下記のまとめをご覧ください。

申し込み先 サイト言語 受験料 コード発行 営業時間 休日
TOEFLテスト日本事務所 日本語 4,380円(税込) 順次(手動) 10:30~16:30 土日祝日
TOEFL運営団体(ETS) 英語 $45.95 即時(自動)

それぞれ、異なる点がありますので、何を優先させるか?でおすすめの申し込み先も変わります。

まず、TOEFLテスト日本事務所の方はサイト言語が日本語ですので、日本語でサイトを読みたい場合は、日本事務所の方から申し込むことをおすすめします。

しかし、営業時間が限られる日本事務所の方では、デメリットもあります。

それは次の「受験する際の注意点」で説明します。

受験する際の注意点

TOEFL Practice Onlineを受ける際には「Authorization Code」というものが必要になります。

サイトから申し込みする際、ETSのサイトは申し込みの時点で即時発行となりますが、日本事務所は即時発行ではありません。

そのため、平日の夕方や土日は、コードが発行されず受験することができません。

すぐに受けたいという方には、ETSのサイトからの申し込みがおすすめです。

 

受験前に行うこと

TOEFL Practice Onlineの購入を行った後、受験前にやらなければいけないことが2つあります。

  1. PCの設定
  2. 受験用アカウント作成

1のPC設定については、TOEFLテスト日本事務所のサイトに詳細説明がありますので、参考にしましょう。

2の受験用アカウント作成とは、TOEFLの本番試験アカウントとは別に、模擬試験用のアカウントを作成する必要がありますので、注意しましょう。

 

 

TOEFL模試を受ける前の勉強法

オンラインの模試は種類がいろいろ、あるようだね。

ところで、模試を受ける前に、オンラインで勉強できる方法も、あるのかしら。

模試を受ける前に、まずは勉強を積み重ねていく必要があります。

オンラインの勉強法はあるのか?調べてみました。

いくつかの勉強法をみつけましたのでご紹介いたします。

勉強も無料でできるのは、本当に助かります。それぞれ特徴があるので、上手く使い分けましょう。

 

TestMagic

こちらも海外のサイトになります。このサイトでは、TOEFLのテスト問題はもちろんですが、無料で単語やその他リスニングなども学ぶ事ができます。

解説も英語ですので、解読能力も向上できるサイトとなります。

 

english stuff

タイマー式で時間制限があるTOEFL無料テストのサイトです。

20分以内に解答しなければならず、時間との勝負を体感することができます。

問題数は多くありませんが、タイマー式なので、他のテストで飽きてしまった際や、学習のまんねり対策としても活用できます。

 

weblio語彙力診断

こちらのサイトは、TOEFLに良く出題される単語について、無料で勉強ができるサイトです。

単語数を選んで勉強もできますし、総合評価としても診断できます。

単語強化を目指している人に、おすすめのサイトです。

 

Exam English

こちらのサイトは、リスニングを強化するために役立つ無料のサイトです。

本格的な発音を聞く事が出来て、解答形式も解りやすく表示しています。

このサイトは、他にもリーディングやライティングなどの勉強ができます。

 

TED ldeas worth spreading

こちらの無料サイトは、リスニング強化に役立ちます。

毎日一つずつ聞けば、リスニング力は確実に付くと言われるほど有名なサイトです。

 

VOA Learning English

英語学習をしている人の中では、こちらも有名な無料サイトです。

音声がゆっくりで、勉強を始めたばかりの人にもおすすめです。

TOEFLには専門的分野の問題が多く出題されるため、簡単な英語で知識を深めておきましょう。

 

english-test.net

講義形式50問、会話形式50問、計100問のリスニング問題を無料で聞くことのできるサイトです。

スクリプトもあるため、ディクテーションをして、聞き取り能力をアップさせることもできます。

以下に、ご紹介した勉強法と、どんな時におすすめかをまとめました。

勉強法 おすすめ
TestMagic TOEFLに有力な物を身に付けたい時
english stuff 他のサイトで飽きてしまった時
weblio語彙力診断 どの単語から勉強すれば良いか悩んでいる時、単語強化を目的としている時
Exam English リスニング力を高めたい時
TED ldeas worth spreading リスニング力を高めたい時
VOA Learning English 勉強を始めたばかりの時
english-test.net スクリプトと照らし合わせて正確に聞き取りたい時

 

 

まとめ

  • TOEFLのオンラインで受けられる模試は無料で受けられるものが、いくつか種類がある
  • 公式のTOEFLの模試は有料であればオンラインで受けられる
  • TOEFLの模試を受ける前に、無料でオンライン学習する方法はいくつかある

あなたがもし、TOEFL受験を考えているのであれば、今回ご紹介した模試や学習方法を是非、ご活用ください。

無料で出来るものや、オンラインで出来るものは、お手軽に何度も挑戦をしやすいと思います。

ぶっつけ本番に強い人もいますが、流れや回答のイメージが湧いているかどうか?は大切です。

ある程度イメージが出来ていないと、難易度の高いテストを軽くクリアすることは困難です。

本番に近い、練習を積み重ねていくことで、テスト当日の時間の使い方や、回答の順番など迷わないでしょう。

本番に向けて、自信を持てるように、本番対策と学習を頑張りましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました