GeForceNOWでApexができないは嘘!設定方法や遅延について徹底解説

オンライン

Apex legendsで遊びたいけど、スマホで遊ぶには重すぎる…

GeForceNOWは画期的だけど、なんだか遅延がひどいって聞くよ。

これではApexができないな…と感じているあなたに朗報ですよ!

GeForceNOWというクラウドゲームサービスを使えば、どこにいても端末を問わず、スムーズにゲームプレイができます!

さらに遅延や画質が落ちるといったようなこともほぼ起きません。

この記事ではGeForceNOWでApexができないと思っているあなたへ、プレイまでの設定方法をご紹介します♪

さらに遅延が起きる原因についても詳しく解説します!

もし遅延が起きたときの解決方法もご紹介しますので、できないと諦めず試してみてくださいね。

この記事を読めば、Apexはできないとはもう言わせませんよ!

ゲーム環境ももちろん大切ですが、周辺環境もとっても大切なことをご存じですか?

ゲーミングチェアは、長時間座りっぱなしでいても体に負担のかかりにくい姿勢でいられるように設計されています。

なんと正しい姿勢は正確なプレイにもつながってくるそうですよ!

GeForceNOWでApexができないは嘘!コスパよく楽しもう

GeForceNOWを使えば、いい性能のグラフィックボードを積んだPCを購入せずとも、美しい画面でゲームが今や自在にできるのです♪

Apexを自分のPCでプレイしようとすると、かなりのスペックを求められるため最低でも12万程度の出費が必要です。

私もゲーミングPCの値段を調べ、ここまではPCにお金をかけないのでできないな…と思ったことがありました。

以下はApex legendsをプレイする際に必要とされる推奨環境です。

CPU    Core i5 3570Tおよび同等品

GPU    Nvidia GeForce GTX 970 / AMD Radeon R9 290

メモリ    8GB

※Apex legends公式サイト参照

今後プロゲーマーやYoutube実況者として活躍したい場合は用意できない金額ではありません。

しかし遊びでプレイしたいだけの場合、12万円という金額は高すぎて簡単に購入することができないですよね。

しかし、GeForceNOWを使えば自宅にあるPCやスマホ、iPadなどを使い、スペックを問わず様々なゲームで遊ぶことができます♪

それではGeForceNOWについて簡単に説明いたしますね。

GeForceNOWとは、クラウドゲームサービスの名称です。

購入したゲームをサーバーにインストールすることで、PCやスマホの容量を取らず、また端末のスペックに関わらずスムーズなゲームプレイを可能にしています。

しかも利用料はフリープランを選択すればなんと無料なのです!お得すぎますよね♪

次の章ではフリープランとプレミアムプランの違い、GeForceNOWでApexがプレイできる設定方法をご紹介します!

GeForceNOWのApex設定方法!無料と有料プランの違いも

GeForceNOWでApexを遊ぶための設定は、たった3ステップで完了します!

さらにフリープランに登録すれば、GeForceNOWの利用料は無料です♪

購入しているゲームからGeForceNOWに対応するタイトルが無料でどこからでも自由に遊べます。

ゲーム機を持っているあなたも、外出中にスマホですぐApexが遊べたら嬉しいですよね。

本章では、GeForceNOWで簡単にApexが遊べるようになる設定方法と、GeForceNOWの無料プラン・有料プランの違いについて解説していきます!

GeForceNOWでのApex設定方法はたった3ステップ!

GeForceNOWに会員登録しApexをライブラリに追加すれば、いつでもどこでも手軽にApexで遊ぶことができます!

※GeForceNOWに既に登録済みの場合は、手順3よりお進みください

Step1. GeForceNOWに会員登録する

  1. GeForceNOW公式ページより「フリープランに登録」を選択
  2. メールアドレスを入力し、届いたメールから本登録のリンクをクリック
  3. ログインID、パスワード他必要事項を入力
  4. スマホ、iPadなど自分の動作環境に合ったアプリをインストール

Step2. GeForceNOWにログインする

  1. アプリを立ち上げ、「ログイン」ボタンをクリック
  2. プロバイダー選択画面より必ず「Softbank」を選択
  3. 登録時に設定したIDとパスワードでログインする

Step3. Apexをライブラリに追加する

  1. GeForceNOWの検索画面で「Apex」と検索
  2. 検索結果に出てきたApexをライブラリに追加する
  3. ライブラリのApexのアイコンをクリックし、Steamを選択してプレイ
  4. Steamアカウントにログインしてプレイ開始!

Step2では、ご自身の携帯キャリアとは関係なく「Softbank」を選択しましょう。

これでApexを好きな端末から自由にプレイすることができるようになりました!

私もかつて無理にSteamでゲームをPCにインストールし、PCが処理落ちしてしまう…ということも経験しましたので、やはり画期的なサービスですよね。

このサービスを知ったときは、「もしかしてゲーミングPCがいらなくなる!?」と驚いたものです。

低スペックなPCやスマホからでもゲームがプレイできるのは嬉しい!

次はGeForceNOWのフリープランとプレミアム(有料)プランの違いについて簡単にご紹介します。

GeForceNOWフリープランと有料プランの違い

GeForceNOWのフリープランとプレミアムプランの違いは、主に接続時間と接続の優先順位です。

フリープランで登録しても、途中からプレミアム(有料)プランに切り替えることが可能ですよ♪

以下の表でフリープランとプレミアムプランの違いが一目でわかるようまとめています!

フリープランプレミアムプラン
月額料金(税込)0円1,980円
連続プレイ可能時間1時間6時間
混雑時のアクセス通常接続優先接続

このように、GeForceNOWでApexをプレイしようとしたとき、フリープランだと1時間で一度接続が切れるということになります。

もちろん再接続すればまた1時間使えるようにはなりますが、プレミアムプランの6時間は魅力的ですね。

新幹線の有料Wi-Fiも30分や1時間単位で再接続する必要があるものが多いですが、やはり1時間はあっという間に感じます。

もし時間を気にせずプレイがしたい!という場合は有料プランの切り替えを検討してもいいかもしれませんね。

またGeForceNOWでApexをプレイする際、プレミアムプランで接続を優先的にしてもらえるのも魅力的です。

通常接続だと、接続数の多い夜の時間帯などは待機時間が長いという口コミも見られました。

ご自身のプレイしたい環境に合わせてプランを選択するのが良さそうです♪

確かに便利だけど、そうは言っても低スペックなPCだし、GeForceNOWでApexをプレイしたら遅延するんじゃないの?

安心してください、ほとんど遅延はしません!もし遅延した場合の改善法と合わせ、次の章で詳しく説明しますね♪

GeForceNOWのApex操作に遅延なし!もしもの場合の改善法

GeForceNOWでApexをプレイしたときの遅延はさほど無く、画質が落ちることもそう無いようです。

しかし遅延ゼロという訳ではないので、「無線Wi-Fiをやめる」など改善法2つもご紹介しますね。

少数派ではありますが、遅延が発生したという声の原因についてもわかりやすく解説しますよ!

それでは早速、GeForceNOWでゲームプレイをする際の遅延の状況と、起きたときの原因について見ていきましょう♪

GeForceNOWでのゲームプレイに遅延はほぼない

GeForceNOWでApexをプレイする際、遅延はほぼなく快適に操作することが可能です♪

皆さんからの口コミを見ると、ゲーミングPCには劣れどApexのプレイに遅延自体はほとんどないというものばかりでした。

スマホやiPadでもスムーズにゲームプレイができた!というお声が多いです。

ではもしも遅延した時は、どんな原因が考えられるのでしょう?

それには、個々のインターネット環境におけるping値の違いが挙げられそうです。

ping値とは、インターネットの応答速度のことを指します。

この値はPCの画面が「A→B→A」と変わる時、この矢印にかかる時間のことを指すということですね。

単位はms(ミリ秒)となっており、1msは1,000分の1秒を表しています。

ping値が高いほど次の画面遷移などが長くなるため、この環境でオンラインゲームをすると遅延が起きることになるのです。

基本的には遅延の心配なくApexをプレイできそうですが、もしも起きた場合のために以下で遅延の原因となるping値を下げるための方法2つについて解説していきます!

遅延が起きたときは無線Wi-Fiをやめるなど改善法2つ!

遅延が発生する場合の改善方法は「使うPCモニターの応答速度を確認する」「無線Wi-Fiをやめて有線LANに変更する」の2つです!

以下に2つまとめてみたので、ご覧ください。試してみるとかなり速度が変わりますよ!

  • 使うPCモニターの応答速度を確認する
  • 無線Wi-Fiをやめて有線LANに変更する

それでは早速、改善法2つについて詳しく説明していきますね。

<使うPCのモニター応答速度を確認する>

使うPCによって、モニターの応答速度の差が遅延の原因となる場合がありますので、見直しで遅延解消へとつながることがあります!

記事の始めで低スペックのPCでも自在にゲームをすることができる!とご紹介しましたね。

もちろんそうなのですが、使うPCによってスペックが違うのも事実です。

一般的に売られているゲーミングPCは大体1ms〜5ms、ご家庭で使われるような標準的なノートパソコンだと大体50ms〜100msとなります。

私も初めてこの話を聞いた時、「1,000分の49秒だけ速かったとして、何が変わるんだろう?」と思っていた時期もありました。

しかしこのping値はあくまで調べ物をしたり、メモを取ったりしている時の参考値です。

容量の大きいゲームなどをプレイする時は常に通信が連続して行われることとなり、ping値が高くなり遅延が発生することとなります。

私も実際に友人のゲーミングPCを触らせてもらい、こんなに反応が早いんだと驚きました。

ほぼ操作する人の手の動きにPCがそのままついていくので、使用者が直感的に動かせるという点でping値が低いことの良さを感じました。

ご自身のPC状況がご不安な場合は、一度GeForceNOWのフリープランにて、やってみたいタイトルをプレイしてみるといいですね。

<無線Wi-Fiをやめて有線LANに変更する>

無線Wi-Fiは周囲の電子機器に影響されて回線が乱れることがあるので、有線LANに変更することで遅延を解消できます!

遅延のもうひとつの原因として挙げられるのが、使用するネットワーク回線です。

実は無線Wi-Fiより有線LANの方が安定した回線を利用できるのでゲームプレイも安定しますよ!

無線Wi-Fiはどんな場所にいても電波の届く範囲内であればネットワークに繋ぐことができるので楽ですよね。

ただ無線Wi-Fiは電子レンジなどの機器の電波に影響されやすく、それによってインターネットの応答速度が大きく変わることがあります。

私もBluetoothのイヤホンをしながら電子レンジを使った時、急に音が聞こえなくなった経験から、電子レンジの電波はかなり強いなと感じています。

このようなさまざまな理由でWi-Fiを使用した通信ではping値が高くなることが多いため、あまりオンラインゲームを行う環境に適していません。

GeForceNOWでApexをプレイしていて、たまに画質が荒くなるといった声の原因も、回線が混雑してきたりアクセスが集中したりするときに起きるようです。

有線LANケーブルを使用していつでもping値の低い安定した回線を引き、快適なゲーム環境を整えましょう♪

ぜひPC周りの環境を見直す際は検討してみてくださいね!

PC周りの環境を見直す際、GeForceNOWの導入で少し浮いた予算をゲーミングチェアに充てませんか?

長時間座ることで腰へかかる負担を軽減し、体を包み込むような設計がリラックスした状態を保ってくれます。

シートには通気性のよい加工が施されているので、夏も快適ですね♪

GeForceNOWでApexをプレイするならSteamがおすすめ!

GeForceNOWはさまざまなゲーム配信サービスと接続することが可能ですが、ApexをプレイするのであればSteamからの購入がおすすめです。

GeForceNOWはゲームをクラウド上で行うことができるようにするサービスのため、ゲーム自体の購入は別途行う必要があります。

Apex legendsはSteam版とOrigin版の2つのプラットフォームから配信されています。

それぞれの配信元の違いでゲームプレイに変化が出るということはありません。

しかしGeForceNOWでApexをプレイするにあたっては、Originの仕様でエラーが出ることがあります。

エラーでゲームが遊べなくなる…という状況を避け、Steam版をプレイした方が快適になりますよ!

Originで起きるエラーと解決方法

GeForceNOWでOrigin版Apexをプレイする際に出るエラーは、24時間ほど放置すると改善されます。

Origin版のApexをプレイしようとして、“Too many computers have accessed…”というエラーでログインできなくなる現象があります。

このエラーは以下のような内容になっています。

「複数のコンピューターがこのEAアカウントに接続しようとしてエラーになりました。後ほどログインし直してください。」

これはOriginの、ひとつのアカウントに対し複数デバイスからのログインを防ぐセキュリティ対策の仕様が原因となります。

GeForceNOWのフリープランでApexをプレイしていると、1時間ごとにログインし直す作業が必要となりますよね。

この再ログインの作業がOriginのセキュリティに反応するようです。

エラーが出てしまった場合、24時間ほど放置するとまたプレイできるようになるようです。

でも頻繁にログインを必要とする場合はエラーが多発すると困ってしまいますよね。

長時間プレイをする場合はSteam版のApexを選んだ方がスムーズです♪

Steam版とOrigin版にほぼ違いはない

Steam版とOrigin版のApexに何か違いはあるのかな?

Steam版とOrigin版で、ゲームプレイに変化はありません。

ゲーム外での違いはいくつかありますが、こちらもゲームプレイに支障が出るものはありません。

Steam版で新たにApexをプレイしよう!という方にひとつSteam版とOrigin版の違いをご紹介いたします。

それはApexをプレイするために必要なEAアカウントを作成することに加え、Steamアカウントを作成する必要があるということです。

Origin版をプレイする際はEAアカウントのみの作成でプレイが可能なので、Steam版のプレイのためには少し手間があります。

ですがその後のスムーズなゲームプレイのために、ここは登録を済ませてしまいましょう♪

まとめ

  • GeForceNOWでApexができない訳ではなく、高いゲーミングPCを購入せずとも、低スペックのPCやスマホでゲームが自在にできる
  • GeForceNOWへのアカウント登録に加え、購入済みのApexをライブラリに追加することでどこからでもApexをプレイすることができる
  • GeForceNOWのフリープランは無料で利用できるが、プレミアムプランに変更すると接続時間が6時間になり、優先的に接続されるようになる
  • GeForceNOWでApexをプレイしたときの遅延はさほどなく、画質が落ちることもなかなかない
  • 遅延でプレイができない場合は回線速度かモニターの応答速度を改善するとよい
  • 画質が乱れる場合の原因はアクセスの集中などが挙げられるため、こちらも回線速度を見直すとよい
  • Origin版のApexをプレイするとエラーでプレイできない場合があるため、GeForceNOWでApexをプレイするならSteam版がおすすめ
  • Origin版とSteam版でApexのゲームプレイには違いはない

いかがでしたでしょうか?GeForceNOWを使うことで、これまで環境によってゲームプレイを諦めていたあなたも新たな挑戦ができそうですね!

周りのご友人たちと遊ぶもよし、新たな趣味として野良で活躍するもよし!

早速今日からGeForceNOWに登録して、Apexライフを楽しんでくださいね♪

リモート業務に加え、ゲームでさらに座り作業が増えそうなあなたへ、ゲーミングチェアの導入をおすすめします!

人間工学に基づいて設計されており、頭部から座部までをしっかりとホールドしてくれます。

組み立ても簡単なので、快適な自宅作業・ゲーム環境の手始めにぜひ検討してみてくださいね♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました