洗濯機をキャスター付き台に置くデメリットは水漏れ!メリットは何?

オンライン

私の家では、洗濯機を防水パン(プラスチック製トレー)の上に置いています。

でも最近防水パンを使わず、洗濯機をキャスター付きの台に乗せるご家庭が増えているそうです。

うちもキャスター付きの台にするか迷ってるのよね。デメリットはあるかしら?

そうですね。私も知りたかったので調べてみました。

デメリットは、洗濯機から水漏れした場合、床の後始末が大変だということです!

ただし、これは対策を取ることで、対応出来ます。

そうなの!じゃあメリットは?

一番のメリットはキャスターが付いているので、洗濯機を楽に動かせることですね。

洗濯機を動かせることで、更に便利な点があります。

キャスター付きの台に乗せるデメリットと合わせて説明しますので、参考にしてください。

おすすめのキャスター付き台も紹介していますよ♪

 

 

洗濯機をキャスター付き台に置くデメリットと対策!

もしも洗濯機が水漏れしたら、防水パンなしでは、床に水が流れ出てしまいますね。

洗濯機をキャスター付き台に置く大きなデメリットは、水漏れした場合が大変だということです。

これについて詳しく説明しましょう。その他にもデメリットがありますので、それぞれの対策についても紹介します。

 

一番大変なデメリットは水漏れ!

防水パンは、水漏れした場合、水が床まで流れないようにしてくれます。

キャスター付きの洗濯機台では、洗濯機が水漏れすると、当然床まで濡れてしまいます。

すぐに気づくことが出来ればいいですね。でも、普段は洗濯が終わるまで、洗濯機を見に行くことはあまりないでしょう。

私は「洗濯終わったよね。」と思って見に行くと、洗濯機がエラーで止まっていることもたまにあります。

干すまでは洗濯機におまかせ!の状態なので、たとえ水漏れしても気づくのは遅いでしょう。

外出していると、なおさら気づくのが遅くなります。

気づいた時には床が水浸しで、大慌て。水をなんとか拭き取っても、乾くまでは時間が掛かるかもしれません。

最近は洗濯機の性能が良くなり、水漏れすることは、少なくなっているそうです。

それでも、洗濯機の故障やホースなどの破損によって、水漏れが起こることはあり得ます。

万が一水漏れした時のことを考え、対策を取っておきましょう。

 

水漏れ対策

ここからは、水漏れ対策について説明しますね。あなたが出来る対策は3つあります。

  • 床材を濡れても大丈夫なものにする
  • 排水ホースの点検をする
  • 2階以上ではなるべく使わない

<床材を濡れても大丈夫なものにする>

床材は、水回りによく使われる、塩化ビニール素材で作られたクッションフロアが良いでしょう。

以前、私は洗面台で水をためていることを忘れ、床に水があふれ出たことがありました。

クッションフロアだったので、濡れても拭き取るだけで済んだのは良かったです。

水を吸収しやすいコルクや木材の床だと、濡れた時に後始末が大変です。

濡れると乾くまで時間が掛かりますし、シミになったり、カビが生えたりするかもしれません。

<排水ホースの点検>

ホースがきちんと接続されているか、ホースに亀裂がないか、時々チェックしましょう。

接続し直したり、ホースを早めに交換したりすることで水漏れを防げます。

それに普段からチェックしておけば、いつもと違う様子にも気づきやすくなりますね。

<2階以上ではなるべく使わない>

2階以上に洗濯機を置くなら、なるべく防水パンの上に乗せることをおすすめします。

万が一水漏れした場合に、下の階まで水が漏れると大変です。

実は、昔住んでいたアパートで洗濯機の水が防水パンからあふれてしまった経験があります。

2階に住んでいたため、水が1階まで流れ、迷惑をかけてしまいました。

それでも大きな被害ではなく大事に至らず済んだから良かったですが…。

大家さんと1階の方が優しくて、助かりました。

どうして水漏れしたの?

洗濯機のホースが少しずれていたことが原因でした。やっぱり点検も大切です。

防水パンがなかったら、被害はもっとひどかったかもしれません。思い出したらヒヤっとします。

 

水漏れ以外のデメリットと対策!

水漏れ以外にはどんなデメリットがあるでしょうか。考えられるデメリットは3つです。

  • 床に傷や型が付くかもしれない
  • 洗濯中に動きやすい
  • 洗濯機を乗せるのが大変

<床に傷や型が付くかもしれない>

キャスター部分に洗濯機の重さが掛かってしまうので、床に跡がつくかもしれません。

また動かして床に傷を付けることも考えられます。

キャスター付き洗濯機台には、傷防止パッドなども付いていることが多いので、必ず使いましょう。

また洗濯機用のマットも売られているので、利用するといいですね。

<洗濯中に動きやすい>

キャスター付きのため、振動で動きやすいというデメリットがあります。

ストッパー付きで、しっかりと固定出来るキャスター付き洗濯機台を選ぶことが大切です。

<洗濯機を乗せるのが大変>

洗濯機は重いので、キャスター付き台に乗せるのは大変です。

防水パンに置く場合でも、重いのは同じですけれどね。

でも、洗濯機の底にキャスター付き台をぴったり合わせなければならないので、少なくとも2人は必要です。

家族や友達にも手伝ってもらいましょう。引っ越しや買い替えなら、もしかしたら業者さんが手伝ってくれるかもしれませんよ。

 

 

洗濯機をキャスター付き台に置くメリットは?

洗濯機をキャスター付き台に置く一番のメリットは、何と言っても簡単に動かせることですね。

動かせることで、他にもいいことがあります。詳しく説明していきましょう。

キャスター付き台のメリット
  • 動かしやすい
  • 掃除がしやすい
  • 隙間に物が落ちても取りやすい

 

動かしやすい

洗濯機は重たいので、一度設置すると、1人ではなかなか動かすことが出来ません。

洗濯機の下や奥が、なかなか掃除出来ない原因にもなっています。

でも、キャスター付きの洗濯機台に乗せれば、移動が簡単です。

引っ越しの時なども運びやすくて、業者さんに喜ばれるかもしれませんね。

動かしやすいことで、防水パンにはないメリットが色々出てきます。

 

掃除がしやすい

洗濯機を動かせることで一番嬉しいのは、洗濯機周りの掃除がしやすいことではないでしょうか。

洗濯機は洗面所の近くや脱衣所に置いてあることが多いですよね。

そのため着替える時などに、ほこりやゴミが落ちます。

防水パンが、いつの間にか汚くなっていませんか?しかも湿気でべったり…。

手が届く所なら綺麗にしやすいですが、洗濯機の下や奥はすぐに掃除出来ません。

私としては、掃除したくないというのが本音です。

洗濯機を動かすのは面倒だし大変です!洗濯機の買い換えや引っ越しでもなければ、掃除を考えなくなっています。

キャスター付き洗濯機台を使えば、動かせるので掃除しやすくなります。

汚くなりがちな洗濯機周りを綺麗に保てるのは嬉しいですね。

ついでにホースの点検も出来るわ!

 

隙間に物が落ちても取りやすい

洗濯機の上や近くに物を置いている時など、隙間に落としたことはありませんか?

何か落としても必要に迫られない限り、面倒で拾わないと思います。

もし洗濯機と壁などの間に物を落としても、キャスター付きの台なら動かして取りやすいですね。

この前、掃除用のブラシがないなぁと探しながら、「もしかしたら…。」と思って見たら、ありました!洗濯機の奥に。

落とした時に「面倒くさいなぁ。後で取ろう。」と思っていたら、すっかり忘れていたのです。

どうしてもブラシを使いたかったので、洗濯機を動かして取ろうとしたら、一緒に歯ブラシや靴下の片方まで発見!ほこりだらけでした。

どうしても必要だとならない限り、落としても家族皆でほったらかしです(笑)。

キャスター付きの洗濯機台を使ったら、取ってくれるようになる…かもしれません。

でも、掃除のついでに落ちている物を見つけたら、取りやすくなるのは間違いないでしょう。

他にメリットはないのかしら?

ありますよ。キャスター付き洗濯機台の性能によっては、振動を軽減出来るというメリットがあります。

他にも、ご家庭の排水ホース取り付け場所によっては、ホースが取り付けにくい場合もあります。

そのため、台に乗せて洗濯機の位置が高くなることで、ホースも取り付けもしやすくなるかもしれません。

また、洗濯機の下に隙間が出来ると、通気性も良くなり、カビやサビの防止になります。

 

 

洗濯機用キャスター付き台の選び方とおすすめを紹介!

キャスター付き台って、どんなのがあるのかしら?

そうですよね。メリットを知ったらますます欲しくなりました。

私も気になって、どんな商品があるかも調べてみました。

ここでは、キャスター付き洗濯機台の選び方とおすすめ商品を紹介します。

 

キャスター付き台の選び方

まずは、どんなキャスター付き洗濯機台がいいか知っておきましょう。選び方で気を付ける点は次の3つです。

  • サイズ
  • 耐荷重量
  • ストッパー付き

<サイズ>

あなたが使う洗濯機の大きさに合うキャスター付き台を選びましょう。

私が調べた限り、キャスター付きの洗濯機台は、伸縮自在でサイズを変えられるものばかりでした。

サイズを変えられるなら、洗濯機を買い換えても同じキャスター付き台が使えますね。

私の家で数年前に洗濯機が故障した時、少し容量の大きい洗濯機に買い換えようとしました。

でも、防水パンの方が小さくて入らないことが分かり、結局前と同じ容量の洗濯機を買うことになったのです。欲しい洗濯機が買えなくて残念でした。

買う前にあなたが使う洗濯機の大きさに対応出来るか必ず確認してください。

<耐荷重量>

洗濯機の重さに耐えられる台でなければ、不安定だったり壊れたりする可能性があります。

特にドラム式洗濯機は、縦型の全自動洗濯機よりも重いので注意してください。

縦型洗濯機は20~30kgですが、ドラム式は80kg前後もあるそうです。

何kgまでなら大丈夫か必ずチェックしましょう。

洗濯機本体の重さだけではありません。洗濯する時は、洗濯機に洗濯物と水が入ります。

容量いっぱいに洗濯物を入れた時でも、耐えられるキャスター付き台を選んでください。

<ストッパー付き>

動かす時には便利なキャスター付き洗濯機台ですが、普段洗濯をする時にまで動くのは困ります。

脱水時の振動や、地震でも動かないように固定出来るものを選びましょう。

このストッパーがしっかりしていると、脱水時の振動も軽減出来ることが多いようです。

特に脱水する時ですが、洗濯機はかなり振動しますよね。

防水パンの上だと、洗濯機が動きやすいみたいで、時々すごい音を立てます。

うちの愛猫は洗濯機の大きな音にビックリすると、なぜか玄関をのぞきに行きます(笑)。何か来たと思うのでしょうかね?

 

おすすめのキャスター付き台

キャスター付き洗濯機台の選び方は分かりましたか?

それでは、おすすめのキャスター付き洗濯機台を紹介しましょう。

これからご紹介するキャスター付き洗濯機台には、以下の共通点があります。

  • 自分で簡単に組み立て出来る
  • 伸縮可能
  • ストッパー付き

また価格は通販サイトによって差があります。ご購入の際にはご注意ください。

<山善(YAMAZEN)洗濯機置き台STD-20>

サイズ 幅49~69cm、奥行49~69cm、高さ10cm
耐荷重 100kg、ドラム式洗濯機には使用不可
ストッパー キャスター4つのうち前側2つにストッパー付き
  • 税込4,299円(山善公式オンラインショップ)
  • 台の四隅には滑り止め付きで安定した設置が可能
  • キャスターの下に敷く「傷防止パット」付き

シンプルなデザインで、縦型洗濯機用の置き台としておすすめです。

<平安伸銅工業角パイプ洗濯機台>

サイズ 幅48~78cm、奥行39~61cm、高さ10cm
耐荷重 150kg(移動時100kg)
ストッパー 四隅に伸縮可能なジャッキがあり固定出来る
  • 税込4,697円(平安伸銅公式オンラインショップ)
  • キャスターの後輪は360度回転、前輪は前後だけの移動が可能
  • 台の4隅にゴムパット付きで揺れ防止、脱水時の振動を吸収

動かさない時にはジャッキが足となり支えてくれます。

ジャッキを縮めてキャスターを足にすると、動かすことが出来ます。

洗濯機より出っ張らないスリムなデザインです。

壁にぴったりと付けて使用出来ますね。物が落ちなくて良さそうです。

四隅の大型ジャッキで、しっかり固定出来そうだなと思いました。

ただ、ドラム式洗濯機には耐荷重量が少し不安かもしれません。

<SunRuck洗濯機置き台

サイズ 幅44~69cm、奥行44~69cm、高さ10cm
耐荷重 150kg
ストッパー キャスター4輪のうち前2輪がストッパ―付き
  • 税込3,550円(SunRuck公式オンラインショップ)
  • 台の四隅に防振パッド付きで振動を吸収し騒音軽減
  • キャスターの下にも防振、傷防止パッド付属

ドラム式洗濯機にも対応していますが、ドラム式を乗せたら揺れるという口コミもあります。

縦型の全自動洗濯機なら十分対応出来そうですよ。

<Lifinsky洗濯機置き台>

サイズ 幅46.5~68cm、奥行46.5~68cm、高さ11~12cm
耐荷重 350kg
ストッパー キャスター4つにストッパー付き、4つのジャッキで固定
  • 税込4,780円(Lifinsky参考価格)
  • 台の四隅に防振ゴムパッド付き、ジャッキ下にも傷防止パッキン付き
  • 360度回転する2連車輪のキャスター付き

ゴムパッドで洗濯機が滑りにくく安定します。振動も減らせそうです。

2連車輪のキャスターも安定感があり、うれしいポイント。ドラム式洗濯機でも安心して使えますね。

<SMONTER洗濯機台4輪8足>

サイズ 幅42~65cm、奥行き42~65cm、高さ10~15cm
耐荷重 400kg
ストッパー 4つのキャスターにボタン式ストッパー付き
  • キャスター部分の車輪は頑丈な太さで360度回転
  • 高さ調節可能な直径6cm、8本の足があり、底には滑り止めマット付き
  • 台の四隅に滑り止めマット付き

公式のオンラインショップがなかったので、色々なサイトを見ると、税込みおよそ3,300円~5,800円となっていました。

8本の足があって、滑り止めマット付きなので安定感抜群だと思いました。ドラム式洗濯機でも大丈夫そうです。

高さの調節も出来るので、あなたにちょうど良い高さで合わせられますね。

SMONTERの洗濯機台には、4輪だけ、4輪4足などの違う種類があります。

そのため、間違えて届いたという口コミがありました。注文時には注意が必要です。

私も調べている時に似たような画像が出たので「さっきの台とは違うの?」と少し混乱しました。

<Bexeze洗濯機台

サイズ 幅47~67cm、奥行47~67cm、高さ11~13cm
耐荷重 500kg
ストッパー 4つのキャスターにストッパー付き
高さ調節のジャッキ4つにも防振ロック付き
  • キャスターは360度回転
  • 台の上四隅にずれ防止ゴムマット、ジャッキの底にはスリップ防止の防振パッド付き

こちらも色々なサイトでの価格は、税込およそ3,000円~5,000円でした。

防振パッド付きで、洗濯機の騒音と振動が減ったという口コミも見られました

色んなキャスター付きの洗濯機台があって悩むわ~。

 

まとめ

  • 洗濯機をキャスター付き洗濯機台に置くデメリットは、水漏れした場合に大変だということ
  • キャスター付き洗濯機台のデメリットである水漏れの対策は3つ、濡れても大丈夫な床材、排水ホースの点検、2階以上で使わない
  • キャスター付き洗濯機台を使う場合、水漏れ以外のデメリットは、傷や型がつく、洗濯中に動きやすい、洗濯機を乗せるのが大変だということ
  • 洗濯機をキャスター付き台に置くメリットは3つ、動かしやすい、掃除がしやすい、隙間に物が落ちても取りやすい
  • キャスター付き洗濯機台を選ぶ時に注意する点は、サイズ、耐荷重量、ストッパー付き
  • 縦型の全自動洗濯機用におすすめのキャスター付き洗濯機台は、山善、平安伸銅工業、SunRuck
  • ドラム式洗濯機にもおすすめ出来るキャスター付き洗濯機台は、Lifinsky、SMONTER、Bexeze

キャスター付きの洗濯機台、私も使いたいなぁと強く思いました。

動かせて掃除しやすいところが、かなり魅力的です。

あなたもキャスター付きの洗濯機台を使って、洗濯機周りを快適にしてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました