栄養の資格でローラも取得した食生活アドバイザーを詳しく紹介!

オンライン

何か栄養関係の資格をとりたいなぁと悩んでいるそこのあなた!

モデルのローラさんが栄養の資格を取得しているのを知っていますか?

実はローラさん、「食生活アドバイザー」という栄養の資格を取得しています!

ローラさんが持っているし、

どんな資格なのか気になるかも♪

また、芸能人では、ローラさんだけでなく、佐々木希さんや仲里依紗さんなども食生活アドバイザーの資格を持っているそうです。

ちなみに、栄養の資格は、他にもたくさん種類があります!

その中で、食生活アドバイザーはどう役立つのかなど気になりますよね?

今回は、食生活アドバイザーの資格について詳しく紹介していきたいと思います!

また食生活アドバイザーの勉強方法や、栄養関係の資格も一覧で紹介していきますので、ぜひご覧くださいね♪

 

 

栄養の資格でローラもとった食生活アドバイザーとは?

ローラさんも持っている「食生活アドバイザー」とは、食生活全般に関する広い知識を持っている、食生活全般のスペシャリストになります。

食生活アドバイザーの資格は、一般社団法人・FLAネットワーク協会公認の民間資格になります。

こちら、食生活に関心がある人なら誰でも受験できる資格になりますよ!

ローラさんも取得した食生活アドバイザー、詳しく紹介していきたいと思います。

 

食生活アドバイザーの試験概要はこちら

では、さっそく食生活アドバイザーの詳しい試験概要を紹介していきたいと思います♪

食生活アドバイザーの試験概要はこちらになります!

食生活アドバイザーの試験概要

〈受験資格〉

特になし

〈受験日程〉

年に2回(7月と11月)

〈受験会場〉

全国各地の主要都市

〈試験時間〉

3級・2級とも90分

〈受験料〉

  • 3級が5000円(税込)
  • 2級が7500円(税込)
  • 3級と2級併願する場合12500円(税込)

〈出題形式〉

  • 3級理論問題(マークシート形式の選択問題50問)
  • 2級理論問題(マークシート形式の選択問題42問+記述式問題13問)

〈合格基準〉

  • 3級:1問2点で、合格点は60点以上(100点満点)
  • 2級:マークシート形式の選択問題1問2点、記述式問題1問3点で、合格点は74点以上(123点満点)

食生活アドバイザーの試験は、3級と2級があります。

ちなみにローラさんが取得したのは、食生活アドバイザーの3級になります。

食生活アドバイザーの資格に1級はないですよ。

食生活アドバイザー試験の合格率は3級が60%で、2級だと33%になるそうです。

食生活アドバイザーの試験は、そこまで難易度が高くないそうですが、合格の為に、しっかり勉強する必要はありますよ!

ちなみに、2級だと食品を提供する側の知識まで学びます。

もし家庭で活かしたいというレベルなら、3級で十分みたいだよ!

また下記の主要都市で受験が行われます。(2021年現在の情報です)

札幌 仙台 さいたま 千葉
東京 横浜 新潟 金沢
静岡 名古屋 大坂 神戸
広島 福岡

全国とはいえ、やはり都心部が中心になっていますね。最寄りで試験が受けられるといいのですが…。

 

食生活アドバイザーの受験科目はこちら

食生活アドバイザーの受験科目を紹介します。

受験科目の内容はこちら!(3級・2級とも共通になります)

栄養と健康 栄養・病気予防・ダイエット・運動・休養など
食文化と食習慣 行事食・旬・マナー・配膳・献立・調理など
食品学 生鮮食品・加工食品・食品表示・食品添加物など
衛生管理 食中毒・食品衛生・予防・食品化学・安全性など
食マーケット 流通・外食・中食・メニューメイキング・食品販売など
社会生活 消費経済・生活環境・消費者問題・IT社会・関連法規など

食生活アドバイザーの試験内容は、知っておくと為になりそうな食や生活の内容が盛りだくさんです!

これらの知識を得たら、まさに食のスペシャリストになれますね♪

幅広い知識が必要となる食生活アドバイザーは、勉強する価値ありそうです。

 

食生活アドバイザーは役に立つのか調べてみた

食生活アドバイザーが気になるあなたは、資格を取ると実際どう役立つのか、気になりますよね!

資格には、国家資格、公的資格、民間資格とあり、資格がないと働けない職業や、持っていることで就職が有利になる資格など様々です。

ただ、食生活アドバイザーの場合は、民間資格なので、一定の知識があることを証明する資格になります。その為、仕事には直結しません。

就職などには、あまり役に立たない資格かも…。

しかし、仕事に直結することだけが、資格を取得する目的ではないはずです!

幅広い食や生活の知識を身に着けることは、自分自身の生活を豊かにすると思います♪

実際、食生活アドバイザーの資格を取得して、勉強したことが日常生活に活きてくるので、取得してよかったとの声もあります。

そこで、食生活アドバイザーを取得することの、メリットをまとめてみました!

  • 食事作りの時に、栄養バランスを考えて作ることができる
  • ダイエットの知識なども学べる
  • 正しい知識を身につけることで、間違った食の情報に惑わされない
  • 衛星管理や食マーケットの知識が、お店の運営や管理にも役立つ
  • 食関連の仕事で、役立つ知識が多い
  • 食品パッケージ裏に記載されている表示の意味が分かる

食生活アドバイザーとしての知識は、食品メーカーや飲食店、介護の現場や学校など、食関係の仕事に活かすことができますよ!

また、食や生活の知識を持つことは、家庭でも役立ちます。

私は、以前子供に離乳食を作る時、さまざまな栄養の情報がありすぎて、とても混乱した記憶があります。

自分に栄養や食の知識がもっとあればなぁ…。

様々な情報があふれる中、自分で正しい情報や知識を知ることはとても大切になると思います。

私は食生活アドバイザーの勉強することで、知識を増やせるのはいいなぁと思いました♪

また、食生活アドバイザーは、食全般に関する資格の中で、唯一誰でも受けられる資格なのです!

後ほど、一覧で紹介しますが、食や栄養関係の資格で、メジャーなものは栄養士、管理栄養士、調理師があります。

しかし、これらの資格には受験資格というものがあるので、誰でも受験ができないのです。

それゆえ、食全般の知識を増やす為に資格が欲しい場合は、食生活アドバイザーの資格はおすすめですよ!

 

 

栄養の資格をとるためにローラがした勉強方法は?

食生活アドバイザーの資格を取得しようと思った時、どうやって勉強をすればいいか悩みますよね!

また、ローラさんはどうやって栄養などの勉強をしたのか気になりませんか?

ローラさんの勉強方法知りたいな♪

今回はローラさんの勉強方法含め、どのようにして食生活アドバイザーの勉強をすればいいかを調べてみましたよ!

食生活アドバイザーの試験内容は、栄養の知識を含めたくさん勉強することがあるので、自分に合った勉強方法を探してみましょう♪

 

ローラさんの勉強方法はこちら

ローラさんは生涯学習のユーキャンを利用して、食生活アドバイザーの勉強をしています。

ちなみに、ローラさんは、半年間栄養などの勉強をしたそうです!

ローラさんが利用した、生涯学習ユーキャンでは、たくさんの通信講座や教材を販売をしています。

ローラさんは以前、生涯学習ユーキャンのCMに出演していました。

そのCMで食生活アドバイザーの講座を利用し、結果合格することができていますよ。

そして、ローラさんが勉強する上で、大切にしていたことを紹介しますね♪

ローラさんが勉強する上で大切にしていたこと
  • 毎日少しでもやること
  • 身近な人にフォローしてもらうこと

ローラさんが大切にしたことは、勉強に限らずとっても大切なことだと思いました!

ローラさんは仕事の隙間時間や寝る前を利用して、必ず毎日勉強したそうです。

私も、とある先生に、まずは毎日勉強することを習慣化にするのが大切だよと教わりました。

私自身、毎日勉強していることがあるのですが、自分の中で勉強することが当たり前になっています。そしてどんどん勉強が楽しくなっていますよ!

資格をとりたいあなたは、ローラさんのように、少しでもいいので毎日勉強することに、まずはチャレンジしてみるといいかもしれません♪

また、ローラさんは食生活アドバイザーの勉強をして、知識が増えることを楽しんでいたそうです。

学んだ知識を身近な人に教えてあげるなどしてたんだって♪

楽しみながら勉強できたローラさんはとっても素敵ですよね!

そして、ローラさんは身近な人に協力をしてもらいながら、勉強したそうです。

どうしてもやる気が出ないときなど、身近な人にお願いして、問題を一緒に覚えてもらうなどしたそうですよ。

私もですが、一人で勉強していると、どうしてもモチベーションがあがらない時もあるかと思います。

そんな時は、身近な人に協力してもらうことで、やる気がでるかもしれません。

食生活アドバイザーの勉強方法はこちら

ローラさんは、ユーキャンの通信講座を利用して、試験に合格していましたね。

食生活アドバイザーを勉強する方法として、独学で勉強する方法と通信講座があります。

独学の場合は、試験に対応した書籍が販売されていますので、そちらを利用する人が多いかと思います。

試験実施団体の一般社団法人FLAネットワーク協会や、ユーキャンから教材が販売されていますので、好みの教材を使ってくださいね。

また、食生活アドバイザーの通信講座はいくつかあります。

その中で、特におすすめなのは、産業能率大学の通信講座や生涯学習ユーキャンの通信講座だそうです。

産業能率大学の通信講座は、試験実施団体の一般社団法人FLAネットワーク協会と連携しています。

その為、検定試験に的を絞った学習ができるようです。

またユーキャンも合格指導講座が、試験実施団体の公認講座とのこと!

ユーキャンはテキストが図表やイラストも豊富でわかりやすいみたいだよ。

食生活アドバイザーの通信講座でおすすめの産業能率大学とユーキャンの通信講座。

実は、料金や添削サービスの内容が違ってきます。

そこで、違いをまとめてみましたので、ご覧ください!

産業能率大学の通信講座
  • 受講期間2ヵ月
  • サポート期間4か月
  • 添削2回
  • 受講料\17600(税込)
ユーキャンの通信講座
  • 受講期間4ヵ月
  • サポート期間12カ月
  • 添削3回
  • 1日3問まで質問ができる
  • 受講料\36000(税込)

産業能率大学の通信講座は、値段が魅力だなと思いました。

費用が高いのは、なかなか手がだせないですよね…。

できるだけ安く、でも通信講座を利用したいあなたは産業能率大学の通信講座がおすすめになります。

また、通信講座の魅力として、添削サービスなどがあります。

どちらも添削はしてくれますが、ユーキャンだと、添削が3回、さらに1日3回質問ができるそうです!

ユーキャンの通信講座は、値段が少し高くなります。しかし、その分サポート体制がとても魅力的です。

分からないことを質問したいなど、サポート体制を重視するあなたは、ユーキャンがおすすめになりますよ。

そして、独学で勉強するのか、通信講座を利用するのかで、悩む場合もあるかと思います。

そんなあなたの為に、独学や通信講座のメリットやデメリットを紹介します!ぜひ参考にしてくださいね♪

独学で勉強するメリット、デメリットはこちらです!

独学のメリット
  • 通信講座に比べて費用が安く抑えられる
  • 自分のペースで勉強することができる
独学のデメリット
  • 勉強へのフォローがない

通信講座を利用して勉強するメリット、デメリットはこちらです!

通信講座のメリット
  • 添削してもらえる
  • わからない時に質問ができる通信講座もある
  • 学習のスケジュール管理をしやすい
通信講座のデメリット
  • 独学より費用がかかる

独学も通信講座もどちらも、メリット、デメリットがありましたね。

ちなみに、もし一発合格を目指したいのならば、通信講座を利用したほうがおすすめです!

なぜなら、食生活アドバイザーの合格率は、通信講座を利用した場合の方が高いからです。

第41回実績の情報だと、3級の場合は、一般受験の合格率が64.17%に対して、通信講座を利用した人の合格率が85.88%です。

独学と通信講座利用は合格率に差がありますね。

食生活アドバイザーの資格を取得したい場合、自分の勉強タイプや、費用など考えながら、どの勉強方法がいいか考えてみてくださいね。

 

 

栄養関係の資格にどんな種類があるか一覧で紹介!

栄養関係の資格は、食生活アドバイザー以外にもさまざまな資格があります。

食生活アドバイザーも気になるけど、他の資格も気になるあなた!

そんなあなたのために、今回は栄養関係の資格を一覧で紹介していきたいと思いますので、ぜひ参考にしてください♪

 

栄養関係の資格一覧

栄養関係の資格は民間資格を含めると、かなりの種類があります。その為、今回は一部を紹介しています。

栄養関係の資格一覧はこちら!ぜひご覧ください♪

国家資格
  • 管理栄養士
  • 調理師
公的資格
  • 栄養士
民間資格
  • 食育アドバイザー
  • 野菜ソムリエ
  • フードコーディネーター
  • 薬膳コーディネーター
  • 食育インストラクター
  • 食育マイスター
  • スポーツ栄養スペシャリスト
  • アスリートフードマイスター
  • 食育インストラクター
  • インナービューティープランナー
  • ベジフルビューティーアドバイザー
  • 幼児食マイスター

民間の資格は、様々な種類がありますね!これだけあると、どれを選べばいいか余計悩むかもしれません。(笑)

参考に、一部の資格を紹介していきたいと思います。

 

管理栄養士、栄養士、調理師

栄養に関わる資格といえば、管理栄養士、栄養士、調理師の資格を思い浮かべる人も、多いのでは、ないでしょうか?

管理栄養士や栄養士は、国家資格や公的資格の為、学校に数年通わないと取得できない資格となります。

また、調理師免許の場合は、学校に通うか、独学で試験を受験する必要があります。

ただし、調理師免許の試験を、独学で受けるには、実務経験が必要になります。

実務経験は飲食店などで2年以上に調理経験を携わる必要がありますよ。

カフェや喫茶店などは、調理師免許の実務経験にカウントされないから気をつけてね!

管理栄養士や栄養士、また調理師は、資格を持っていれば仕事に直結していきます。

ただ、これらの資格を取得する為には時間やお金がかかります。

栄養や食関係の仕事に就く為の資格が欲しいあなたは、学校に行くなどしましょう。

もし、栄養に関する知識が欲しいだけであれば、民間資格もおすすめですよ!

 

民間資格で栄養関係の資格は種類が豊富!

先ほど、一覧で紹介したように、民間資格だと、栄養関係の資格は山ほどあります。

民間資格は仕事に直結するわけではなく、一定の知識があることを証明する資格です。

ですので、自分が学びたいことを中心に選ぶといいのではないかと思いました!

例えば、スポーツ系を学びたい場合は、スポーツ栄養スペシャリスト、幼児系の栄養を学びたいなら、幼児食マイスターなどです。

また、栄養に関して広い知識を持ちたい場合は、先ほど紹介した食生活アドバイザーがおすすめですよ!

食生活アドバイザーと名前が似ている資格で、食育アドバイザーもありますが、食生活アドバイザーのほうが、有名なのでおすすめだそうです!

選ぶ時は、知識をどう役立てたいかなども、考えるといいかもね!

私の友達で、子どもを産んだ後、手に職をつけたいと悩んでいる子がいました。

料理が好きなので、今後、食に関わる仕事がしたいと思ったそうです。

ただし、仕事に直結する資格は、なかなか独学だけで簡単にとることができないのも事実。

資格の為に学校までいけない場合、まずは民間資格をとって知識を増やすことからはじめてみるのもいいかもしれません。

ローラさんのように食生活アドバイザーを取得して、生活を豊かにすることもできます。

どの資格が欲しいのか悩んでるあなたは、なんの為に資格が欲しいのかをしっかり考えてみてくださいね!

 

 

まとめ

  • ローラさんが栄養の資格で取得したのは、食生活アドバイザー3級
  • 食生活アドバイザーは誰でも受験することができる
  • 食生活アドバイザーには2級と3級がある
  • 食生活アドバイザーを取得するためにローラさんはユーキャンを利用
  • 食生活アドバイザーの勉強方法は、独学か通信講座を利用する方法がある
  • 通信講座のほうが合格率も高いのでおすすめ
  • 栄養関係の資格はたくさんある
  • 仕事に直結する資格には管理栄養士や栄養士、調理師などがある
  • 栄養関係の資格で、民間の資格はたくさん種類がある

ローラさんが取得した、食生活アドバイザーは食や生活の幅広い知識を学べるので、とても役に立ちそうですね♪

家庭でも役に立つ知識がたくさんだったので、私も食生活アドバイザーの資格を挑戦してみたくなりました。

栄養関係の資格を取得したいあなたは、どの資格を勉強したいのかしっかり考えてみてくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました