vtuberの立ち絵のサイズのベストは?作り方や依頼サイトも紹介!

vtuber

昨今、何かと話題になることが多いvtuber。大多数の魅力的なvtuber達は立ち絵と呼ばれるイラストにlive2Dというソフトを使って、動きをつけることで生まれています。

つまり、立ち絵とlive2Dさえ用意できれば簡単にvtuberになれてしまうのです!

vtuberになりたい!というあなたが、まず悩むのが最適な立ち絵のサイズだと思います。

立ち絵のイラストを描こうとしても、サイズは人によってバラバラなのでどれがベストなのかわからないですよね。

でも大丈夫です!この記事を読めばvtuberに最適な立ち絵のサイズがバッチリわかります!

vtuberの立ち絵のサイズは縦が「8500px~9500px」、横は縦幅に合わせて調整するのがベストです。

最適なサイズの他に立ち絵のイラストの描き方や、立ち絵を依頼する場合のオススメサイトも紹介しています。

 

 

vtuberの立ち絵のサイズは大きく設定するのがベスト!

vtuberの立ち絵のサイズは縦は「8500px~9500px」くらい、横幅は縦幅に合わせて調整するのがベストです。

イラストを動かすソフトのLive2Dのホームページでは、バストアップのイラストであれば、1000pxから1500pxが推奨されています。

ですが、今までvtuberの立ち絵を制作したイラストレーターさんによると、できるだけ大きめに描いておくのがオススメとのことです。

設定するとかなり大きいなと思うかもしれませんが、vtuberは動画配信をする場合バストアップで映ることがほとんどです。

元のイラストが小さい立ち絵を動画で使用すると、イラスト全体が荒くぼんやりした感じに見えてしまうのです。

縦が8500px以上のサイズで立ち絵を作っておくと、動画作成の時に拡大しても綺麗に映ります。

バストアップで使用するのに耐えられるように描くならば、上記のように大きなサイズで立ち絵を作成する必要があります。

4000pxくらいのサイズならば、まあそこまで荒さは目立ちませんが、2000pxくらいのサイズだとかなり荒くなってしまうのできれいとはいえませんね。

ですが問題があり、イラストを動かすソフトのLive2Dは、無料版だと最大【2048×2048px】サイズまでしかデータ化できません。

それ以上の大きさのイラストも、自動的に上記の最大サイズまで縮小されてしまいます。

せっかく描いた立ち絵を存分に活かしたいならば、live2Dは有料版をオススメします。

 

 

vtuberの立ち絵の作り方のポイントを押さえよう!

vtuberの立ち絵を自分で制作するならば、押さえておきたい作り方のポイントが3つあります。

  1. パーツ分けを意識してデザインはシンプルに
  2. ポーズは正面向きの左右対称で
  3. 使うイラストソフトはPhotoshopかCLIP STUDIO

<パーツ分けを意識してデザインはシンプルに>
vtuber用の立ち絵を描くのですから、最終到達地点はイラストを動かすことですよね?

でしたら、できるだけ装飾などは少ないシンプルなキャラクターデザインにしましょう。

なぜなら、装飾などが多く複雑なキャラクターは、動かすためのパーツ分け作業が大変だからです!

もしあなたが「どうしてもこのキャラクターデザインでなければダメだ!」という強い思いを持っている場合。

またはlive2Dを使ってイラストを動かすことには慣れているという場合でなければ、キャラクターデザインはシンプルイズベストです。

シンプルなキャラクターデザインでもパーツ分けをするとなかなかの数になるのに、複雑なキャラクターデザインのパーツ分けは100個は簡単に超えると思います。

パーツ分けはその後live2Dを使ってイラストを動かし、vtuberとして完成させるために必要不可欠な作業です。

ですが、あまりにパーツが多すぎるとその時点で挫折する可能性が高くなってしまいます。

想像してみてください、何百個と分けたパーツに一つずつ動きを設定していく作業の大変さを…。

難易度も高いですし、かかる労力もとんでもないことになりますので、譲れないこだわりや作業に慣れているという場合以外は、できるだけシンプルなデザインにしましょう。

<ポーズは正面向きで左右対称に>
イラストに後々動きを付けることを考えると、立ち絵のキャラは正面向きの無表情で直立不動のポーズで描くのがベストです。

最初のイラストを正面向きに描くことで、視線や体の向きなどの動きが付けやすくなります。

キャラを左右対称に描くのはデザインにもよるので、あなた次第なのですが、左右対称に描いておくと右と左で同じ動きを設定しやすくなります。

作り方の小技として、使用しているペイントソフトがCLIP STUDIOの場合、左右同時に描く機能があるので、簡単に描くことが出来ますよ。

<使うイラストソフトはPhotoshopかCLIP STUDIO>

正直立ち絵を作成するだけならば、どのペイントソフトでも問題はありません。使用ユーザーが多い「SAI」などで制作する人も多いです。

しかし問題なのは、立ち絵を描き終わった後に使用するソフト、live2Dなのです。

live2Dは元のイラストを制作するソフトとして、PhotoshopかCLIP STUDIOのどちらかを推奨しています。

上記以外のペイントソフトで元のイラストを制作すると、live2Dで上手く読み込めないというトラブルが頻繁に起こっています。

せっかくvtuberとして描いた立ち絵でも肝心の動かすソフトのlive2Dに拒否されてしまえば、万事休すです。

このような悲しいトラブルを防ぐために、vtuber用のイラストはPhotoshopかCLIP STUDIOで制作しましょう。

しかしどちらも有料ソフトなので、持っていない!というあなたには、無料体験が出来る期間に立ち絵を制作して、live2Dに読み込ませてしまいましょう!

ちょっとした裏技みたいなものですが、CLIP STUDIOはともかくPhotoshopはかなり高額なので使用感を確かめるために無料期間は存分に利用するべきだと思います。

ちなみに無料期間は、Photoshopは7日間、CLIP STUDIOは最大3ヶ月となっています。

これら3つの作り方のポイントをしっかり押さえておけば、立ち絵の制作もスムーズにできるでしょう。

 

 

vtuberの立ち絵の依頼はどこのサイトがオススメ?

vtuberの立ち絵の制作を依頼する場合、以下のサイトでイラストレーターさんを探すのがオススメです。

  • nizima
  • ココナラ

「nizima」は2Dモデルを動かすのに使用するソフト「Live2D」を販売している株式会社Live2Dが運営しているサイトです。

vtuber用イラストと完成している2Dモデルを販売しています。

「ココナラ」は普通のイラスト、vtuber用の立ち絵イラスト、どちらも販売しているクラウドソーシングサイトです。

登録しているクリエイターさんの数が非常に多いのが特徴です。

特に「ココナラ」で立ち絵を依頼する場合に注意して頂きたいのですが、必ずvtuberの立ち絵として使用する事をクリエイターさんに伝えてください!

間違ってvtuberとして使用する事を考えていない普通のイラストを買ってしまうと、自分でイラストを動かす為に絶対必要なパーツ分けをしなければならなくなります。

さらに悪い場合は、イラストによってはvtuberの立ち絵としては使えず、もう一度イラストを依頼しなければならなくなります。

このような事態を防ぐためには、最初から「vtuber用の立ち絵製作します」などのように書いてくれているイラストレーターさんに頼むのが一番安心です。

恐らくサービスの内容としてきちんと書かれているとは思いますが、vtuber用の立ち絵と言っても、2種類あります。

イラストを納品してもらってすぐにlive2Dで動きをつけられる状態になっているものと、そうでないものがありますので購入前にきちんと確認してくださいね。

個人的には完成品のイラストからパーツ分けするという非常に難しい作業をするよりも、最初からパーツ分けをしてくれるイラストレーターさんに依頼する事をオススメします。

 

 

まとめ

  • vtuberの立ち絵のイラストサイズは縦が8500~9500px、横は縦のサイズに合わせて調整
  • 小さいサイズで立ち絵を制作すると、動画にした際に画像が荒くなってしまう
  • live2Dは無料版だと2048×2048pxまでしか読み込めないので、立ち絵を十分活かしたいなら有料版がオススメ
  • vtuberの立ち絵の作り方のポイントの1つ目は、パーツ分けを意識してシンプルなキャラクターデザインにすること
  • 2つ目は立ち絵のキャラのポーズは、後で動きを付けることを考えて、正面向きで直立不動にすること
  • 3つ目は立ち絵のイラストは、live2Dが推奨しているペイントソフトのPhotoshopかCLIP STUDIOで制作すること
  • vtuberの立ち絵を依頼するなら、vtuberに特化したnizimaかイラストレーターの数が多いココナラがオススメ
  • 購入する立ち絵が、パーツ分けされているイラストなのかされていないものなのかきちんと確認して購入すること

非常にたくさんの魅力を持ったvtuber。この記事があなたのvtuberになりたい!という希望を叶えるお手伝いが出来れば嬉しく思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました