吉報!!officeオンラインなら無料でmacにも使うことができる!!

オンライン

大学生や社会人にとって、microsoft officeは重要なツールです。macはwindowsと違い、あらかじめパソコンに入っていません。

macにしたいけど、officeが入っていないから買うかどうか迷っている。

officeをmacにインストールすると、結構お金がかかるのよね。

と悩んでいるあなたに朗報です。実は、officeを無料で使える「officeオンライン」というサービスがあります。しかも、macでも使えますよ!!

officeオンラインとは、microsoft社が無料で提供しているオンライン版officeのことです。

officeが無料で使えるのは、とても嬉しいですよね。

この記事では、officeオンラインについて詳しく説明したいと思います。

 

 

officeオンラインは無料でmacにも使える

私は、macのパソコンを使っています。macにはmicrosoft officeが入っていないので、パソコンを買うとき、ソフトも買おうかどうか迷いました。

結局、インターネットを楽しむためなので、officeは必要ないかと思い、買いませんでした。

しかし、officeが必要なときって急にくるのですよね。

私は、急にofficeが必要となり、パソコンを買ってしばらくたってから、仕方なくofficeソフトを買いました。

ソフトだけでも、結構高くてびっくりしました。

しかし今では、officeを使う機会があまりありません。

パソコンだけでも高いと思いますが、ソフトも買うとなると、結構な値段になってしまいます。

あなたもofficeを使う機会が少ないのであれば、お金を払ってofficeを買うかどうか迷いませんか?

迷っているあなたに朗報です。実は、macでも使える無料officeがありますよ。

無料で使えるofficeがあることを、そのとき知っていれば、私はそれを使いたかったです!!

無料officeとは、microsoft officeが公式でオンライン提供している「officeオンライン」のことです。

wordやexcel、powerpointなどの各種officeを無料で使用することができます。無料で各種officeが使えるなんて、嬉しいですよね。

では、officeオンラインの使い方について説明したいと思います。

 

 

officeオンラインの使い方

officeオンラインは、word・excel・powerpointなど、アプリケーションがブラウザ上で利用できるwebサービスのことです。

無料で使えるofficeオンラインは、どのような特徴があるか気になりますよね。

まずは、officeオンラインについて少し説明します。

 

officeオンラインのメリット

officeオンラインのメリットは、インターネット環境さえあれば、いつでもどこからでも利用できることです。

アプリをインストールする必要がないため、スマホからすばやく利用できますね。

また、編集を行うたびに変更内容が自動で保存され、変更履歴データの復元機能もあり、自分がミスをしてしまった場所に戻って再び作業を行うことができます。

保存し忘れて失敗したことがある私には、嬉しい機能です。

さらに、複数のユーザーとデータを共有し、同じページ上で同時に編集作業を進めていくことも可能です。

1つのドキュメントを2人以上、リアルタイムで編集することができますよ。

同時に編集できると、仕事の効率も上がりそうですね。

加えて、アクセス権の設定が可能です。指定ユーザーだけしかファイル閲覧・編集をすることができないため、セキュリティ面も安心です。

 

officeオンラインのデメリット

officeのデメリットは、インターネットに繋がらないと使えないということです。

また、web上で利用するため、通信状態により編集速度が遅くなる場合があります。

さらに、有料のインストール版と比べて機能が一部制限されています。一部制限されている機能については、後ほど詳しく説明します。

officeオンラインについて、わかったところで、次はofficeオンラインの使い方を説明していきます。

 

officeオンラインの使い方

officeオンラインの使い方は、microsoftアカウントでサインインして、使いたいソフトを選ぶだけです!!

まずは、officeオンラインを使うための準備をしましょう。

macのパソコンでofficeを使うには、microsoftアカウントが必要です。

そのため、microsoftのアカウントを持っていない場合は、新しくアカウントを作成する必要があります。

準備といっても、新しくアカウントを作成するだけなので、3分もあれば終わってしまいますよ。

すでに、microsoftアカウントを持っているのであれば、準備する必要もありませんね。

microsoftアカウント作成方法
  1. 「Microsoft Office Online」公式サイトの「アカウント」をクリック
  2. 「新規登録」をクリック
  3. microsoftアカウントとして登録したいメールアドレスを入力し、「次へ」をクリック
  4. microsoftアカウントとして登録したいパスワードを入力し、「次へ」をクリック
  5. 先ほど入力したメールアドレス宛てにセキュリティコードが自動送信されるので、セキュリティコードを入力する
  6. ロボットではないことを証明するために、表示されている文字を入力

これで、officeオンラインを使う準備が整いました。

次は、officeオンラインの中からexcelオンラインを例に、使い方を説明します。

excelオンラインの使い方
  1. 「Microsoft Office Online」の公式サイトにアクセス
  2. 「サインイン」を選択
  3. microsoftアカウントで登録したメールアドレスを入力して、「次へ」をクリック
  4. パスワードを入力して、「サインイン」をクリック
  5. 「Excel Online」を選択
  6. excelオンライン画面が表示されるので、既存テンプレートから選択するか、新規作成する場合は「新しい空白のブック」を選択

これで、excelの画面が表示され、使えるようになりますよ。

microsoftアカウントを登録してしまえば、使い方は簡単なので、すぐに始められます。

 

 

officeオンラインと有料版officeとの違い

無料版officeオンラインと有料版officeの違いはなに?

無料版と有料版の違いについて気になりますよね。それぞれ、機能の違いについて知った上で、ソフトを買うかどうか決めたいはずです。

まず大きな違いは、無料版officeオンラインの場合、インターネットがつながっていないと利用できないという点です。

今ではwi-fiがいろんな場所で使えるため、あまり気にならないと思います。

スマホがあれば、いつでもどこでも利用できますしね。

もし、出先で利用する場合は、ネット環境の有無を事前に確認しておきましょう。

また、無料版でもword・excel・powerpointなどの基本機能を使えますが、有料版と比べて機能が一部制限されています。

officeオンラインで利用できないことは、表の通りです。

アプリケーション名 officeオンラインでできないこと
word ハイパーリンク先は編集できない
図形やテキストボックスの追加
マクロの記録実行
パスワードで暗号化されたドキュメントは開けない
excel 「データの入力規則」を新規で設定
一部の関数がソフトウェア版と動作が異なる
マクロの作成、実行、編集
パスワード保護されているブックは表示できない

powerpoint

オーディオの追加
フッター、ヘッダー、日付/時刻、段落番号の編集
スライドマスターの編集
グラフの追加
画像の圧縮

一部機能が制限されていますが、あなたの必要な機能があれば、officeオンラインでも十分ですよね。

私のように、普段officeを使わないけれど、急に必要となったときは、officeオンラインが便利だと思いますよ。

無料版もいいけど、有料版についても知りたいな。

そんなあなたのために、次は、macで使える有料版officeを詳しく説明したいと思います。

 

Office Home & Student 2019 for Mac

Office Home & Student 2019 for Macとは、macのみが利用できるoffice製品です。

このソフトを買うとofficeソフトと呼ばれる、word・excel・powerpointのアプリケーションが、追加料金なく永遠に利用できます。

一度買えば、永遠に利用できるのはいいですよね。

同一ユーザーが使用する、2台のmacにインストールすることができます。

Office Home & Student 2019 for Macの価格は25,704円(税込み)です。

word・excel・powerpointを単体価格で買うとするとそれぞれ、16,284円(税込み)なので、合計48,852円(税込み)になります。

そのため、単体で買うより23,148円(税込み)も安くなり非常にお得です。

3つのアプリケーションだけで足りるということであれば、価格も安くなっているため、おすすめですよ。

 

Office Academic 2019 for Mac

Office Academic 2019 for Macは、学生と教職員のみが買うことができるmac専用製品です。

macで、word・excel ・outlook・powerpointを使うことがでます。

また、同一ユーザーが使用する、2台のmacにインストールすることができます。

通常版と内容は同じですが、買うときは、学生証など証明するものを必要とします。

値段は、18,144円(税込み)なので、すごくお得ですよね!!

しかし、Academic版は商用利用ができません。商用利用とは要するに仕事で使うことです。

学生向けなので、当然だと思うかもしれませんが、学生はいつか卒業しますよね。

学生のときに買ったAcademic版は、卒業して学生でなくなっても個人用途として使うことができます。

しかし、仕事に使うことはできないため、注意が必要です。

会社のofficeファイルを、Academic版officeで閲覧したり編集したりするとライセンス違反になり、処罰の対象になりますよ。

仕事で使うためには、商用利用ができるofficeを買い直す必要があります。

Office Home & Business 2019

Microsoft Office Home & Business 2019は、macとwindowsに利用することができる、個人・ビジネス向け製品です。

1度買うと永遠に利用できる、買い切りの永続ライセンスです。値段は、38,284円(税込み)です。

他と比べると少し高い気がしますが、macとwindows両方のパソコンで利用できる点はいいですね。

word・excel・outlook・powerpointを使うことができますよ。

また、同一ユーザーが利用する、2台のmacまたはwindowsにインストールすることができます。

macとwindowsの両方でofficeを使いたいなら、Office Home & Business 2019がおすすめです。

 

Microsoft 365 persona

Microsoft 365 personaは、常に最新バージョンかつ全てのoffice製品を利用できます。

また、mac だけでなくwindowsでも、word・excel・powerpoint・onenote・outlook(macの場合accessとpublisherは除外)を利用することができます。

買い切りの永続ライセンスではなく、年額か月額料金制になっていることが特徴です。

1ヵ月契約の場合1,284円(税込み)、1年契約の場合12,984円(税込み)で使えます。

1ヵ月ごとに、契約ができるのはいいですよね。

必要な時に契約するという方法も、いいかもしれません。

同一ユーザーが使用するwindows PC・mac・タブレット・スマートフォンなど、すべてのデバイスで使用することができ、同時に5台までサインイン可能です。

多くのデバイスでofficeを利用する場合に、おすすめです。

 

 

まとめ

  • macで無料のofficeが利用できる
  • officeオンラインとはmicrosoft officeが公式で無料オンライン提供しているoffice
  • officeオンラインを使うには、microsoftアカウントが必要
  • officeオンラインを使うにはサインインをして、使いたいオフィスソフトを選択するだけ
  • officeオンラインはインターネットがつながっていないと利用できない
  • 無料版でも基本機能を使えるが、有料版と比べて一部制限されている
  • Office Home and Student 2019 for Macは、macのみでword・excel・powerpointが利用できる
  • Office Academic 2019 for Macは、学生と教職員のみが買うことができる
  • Office Academic 2019 for Macは、macとwindowsで利用できる
  • Microsoft 365 personaは年額か月額料金制で、常に最新バージョンが使える

macでも無料のofficeが使えるなんて、すごく嬉しいですよね。

microsoftのアカウントさえあれば簡単に利用できます。あなたもぜひ一度、officeオンラインを利用してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました