獣人さんとお花ちゃんのネタバレ大公開!大人女子におすすめマンガ

オンライン

あなたは「獣人さんとお花ちゃん」というマンガを読んだことはありますか?

私はマンガが好きで、仕事の休憩時間に少しずつ読んでいるのですが、ありきたりな恋愛ストーリーが多く、最近少し飽きていました。

そんなときに出会ったのが、この「獣人さんとお花ちゃん」、獣人と人間の異種族恋愛ストーリーです。

獣人のサナティが人間の花と心を通わせ、お互いなくてはならない存在になる過程が、繊細に描かれている、とても素敵なお話です。

実はネタバレを先に読んだのですが、マンガで読みたくなって一気に読んでしまいました。

今回は私がハマった「獣人さんとお花ちゃん」のネタバレと、ぜひ読んでもらいたいおすすめ第4話と第9話を紹介します。

読んでみたいけどどんなマンガなの?見どころを知りたい!ネタバレ歓迎!というあなたは必見ですよ。

 

 

獣人さんとお花ちゃんのネタバレ!16話完結のお話

獣人さんとお花ちゃんは、単行本2巻(全16話)で完結するマンガです。

1巻は1~7話まで、2巻は8~16話まで収録されています。

ここから先はネタバレになりますので、読みたくないあなたは飛ばしてくださいね!

獣人と人間、2つの種族が共存するこの世界は、大きな壁で隔たれています。

獣人は昔人間が作りだした危険なものであり、獣人の世界に入ることは禁止されています。

保育士を目指している花は、資格取得までにもっとお金を貯めようと求人情報誌を眺めながら歩いていました。

ふと気づくと、獣人と人間を隔てる壁に開いた穴へ「ボールが転がって行ってしまった。」と子どもが泣いています。

子どもの代わりに穴へ入り、ボールを見つけた花でしたが、見回りをしていた獣人に見つかってしまうのです。

初めて2人が出会ったシーンは、何かが起こりそうでドキドキしてしまいますね!

しかしその獣人は、なぜか他の獣人から花を隠し、逃がしてくれようとしたのです。

かばってくれた獣人にお礼を言い、帰ろうとしましたが、夢中でボールを探してしまったせいか、亀裂の場所がわからなくなっていました。

見かねた獣人は花を自分の家に連れて帰り、亀裂の場所がわかるまでの間、かくまってくれると言います。

その理由は「人間が嫌いだから、騒ぎとなりさらに多くの人間が来ることを避けるため。」なのです。

これから恋愛をする相手とは思えないほど、冷たい言葉を放った獣人の名前はサナティ。

サナティが家を出て行ったあと、外で子どもたちと遊んでいる姿を目にした花は、人間の世界で聞いた「獣人は危険」という言葉を疑い始めていました。

亀裂を見つけることができずに帰ってきたサナティを、花は夕食を作って待っていました。

花は至って普通の生活をしている獣人を見て、「獣人と人間は同じであり、一緒に話したり遊んだりできる、どうして壁を作ってしまったのか。」と言います。

思ったことを口にしただけの花でしたが、サナティは人間が獣人に寄り添う発言をしたこと自体気に入らなかったようで、怒ってしまいます。

獣人と人間の関係が難しいこと、獣人がいかに人間を嫌っているか垣間見えますね。

それを見た花は、落ち込んだままお風呂に向かいますが、サナティは少し言いすぎたかもしれないと考えていました。

そのとき慌てた花の声が聞こえてきたので、お風呂場をのぞくと、何も着ていない花の姿がサナティの目に飛び込んできました!

カゴが棚の上から落ちてきそうなことに気づいたサナティは、花をかばおうと飛び出し、なんと花を押し倒してしまうのです!

押し倒されて恥ずかしがる花を見て、状況に気づいたサナティは慌てて出ていきますが、初めて触れた人間の柔らかい肌や甘い香りに戸惑いを隠せません。

花もお風呂に入りながら、サナティを男性として意識していました。

ここまでが、獣人さんとお花ちゃんの第1話ネタバレです。冷たいと思われたサナティですが、意外と優しい一面を持っていますね。

結論からいうと、花とサナティはめでたく結ばれるのですが、そこまで様々な困難が待ち受けています。

花が保育士の資格を取得するために一度人間界へ帰ったり、サナティの気持ちがあいまいで花を悩ませてしまったり、晴れて教育者に就任した学び舎では生徒が減ったり…。

花やサナティの気持ちが変化していく様子を細かく描いてあり、エロティックな描写だけでなく、人間と獣人の確執や感動など、様々な見どころがあるマンガです。

ここからは、ぜひ読んでみてほしい私のおすすめ回をネタバレを交えてご紹介します。

きっと獣人さんとお花ちゃんを、最後までマンガで読みたくなりますよ!

 

 

獣人さんとお花ちゃんのネタバレ4話!花の決意

獣人さんとお花ちゃん第4話のネタバレでは、人間と獣人の意外な関係がわかります。

人間と獣人の複雑な関係、種が違うことによる偏見や差別など、色々と考えさせられる回でした。

それでは獣人さんとお花ちゃん第4話のネタバレ、人間と獣人の秘密を見ていきましょう。

第3話で、ついに壁の亀裂を見つけることができたサナティ。

しかし花が壁を越えて侵入したことが知れ渡り、翌日には警備隊に引き渡されることとなっていました。

そこで現れたのが、獣人観察保護局の局長・和狸(わたぬき)です。

和狸は壁の向こうに忘れてきた荷物から、花が保育士試験を受けることを知り、ある提案をしてきます。

それは、人間と獣人が一緒になって獣人を教育するということ。

獣人の子どもであっても、人間の子どもであっても、中身は同じであるが、知性や社会性に欠けるため、獣人界に教育機関を設けるところだったというのです。

そこで初めて聞かされる、「人間界で起こる災害や事故を、壁を越えて獣人が助けてくれている。」という真実に、花は驚きます。

さらに獣人は秘密裏に人間の指示で働かされていたこと、そのような役目がないと生きる意味すら与えられないことを知ったのです。

真実を知った花は、和狸に憤りをぶつけるのですが、和狸は「自分も獣人が人間に奉仕するため学ぶということは、おかしいと思う。」というのです。

和狸の考えに賛同した花、また逮捕する代わりの話なので当然拒否権はありません。

花は資格を取得するために、人間の世界へ戻ることとなりましたが、重要な役目が自分に務まるのかと不安そうな様子。

そんな花に、サナティは「そばにいてやる。」と声を掛けます。

サナティにキスをされ、再会を約束する花。再び獣人の世界へ戻ってくることを決意しながら、高い壁の向こう側へ向かうのでした。

獣人さんとお花ちゃん第4話のネタバレは、花が獣人の世界で教育者になることを決意する重要な回でした。

その後、無事に資格を取得した花が獣人界へと帰ってきて、再びサナティと花の同居が始まりました。

ここからは、大人女子にはたまらないキュンキュンする展開が待っています!

セクシーなシーンがとても美しい描写で描かれており、はじめは人ではない恋愛マンガに抵抗を感じていましたが、どんどんハマっていきました。

獣人さんとお花ちゃんの魅力は、ディズニー「美女と野獣」を見た時の衝撃とよく似ています。

意外と紳士で優しい獣人と、心優しい人間の花、どちらも魅力的です。

そしてもちろんTLコミックなので、ラブラブでセクシーなシーンもあるのです!大人女子にピッタリのマンガですね。

 

 

獣人さんとお花ちゃんのネタバレ9話!成長する花

獣人さんとお花ちゃん第9話の見どころは、保育士として成長する花の姿です。

第9話のネタバレと共に、花の成長が感じられるシーンを見ていきましょう。

第8話で、ついに自分がサナティの恋人であるという確信を得られ、安心したのもつかの間。

外での授業中、学び舎に入ってきたばかりのリシュ(獣人の子ども)が、ここは退屈だと森へ走り去ってしまいます。

子どもとはいえ、相手は獣人です。早すぎてとても追い付けません。森を抜けるとリシュの兄・リトゥスに出会いました。

リシュがここへ来ていないか尋ねる花に、リトゥスは「自分で探せ、甘えるな、子どもを見ているのが仕事。」だと言います。

しかし花は「リトゥスもリシュを預けて仕事をしている、それは花に甘えていることではないか。」と言い返すのです!

さらに、仕事が忙しいのだから甘えではないと言い張るリトゥスに対し、お互いの足りないところを補い合うのはどうか?と提案するのです。

花の言葉に負けたのか、兄はリシュの居場所を教えてくれました。

ここまで獣人さんとお花ちゃんを読み進めてきた人なら、花の成長ぶりに涙が出ることでしょう!私がそうでした(笑)

ネタバレを読んでいる時点で、花はなんて優しい子なんだ…。と感動していましたが、マンガを読むと更に花の良いところが見えてきます。

第9話は、花が保育士としてどんどん成長しているところや、優しい部分が描かれているので、とても素敵なお話でした。

ここから先のネタバレは、ぜひマンガを読んでみてください!きっとあなたも獣人さんとお花ちゃんにハマりますよ。

 

 

まとめ

  • 獣人さんとお花ちゃんは単行本2巻、16話完結のTLマンガ
  • ネタバレの結論から言うと、花とサナティはめでたく結ばれる
  • 獣人さんとお花ちゃんおすすめの回は、物語の核心にせまる4話と花の成長で感動できる9話
  • 人間と獣人の複雑な関係など、物語もしっかりしているうえに、セクシーな描写が美しい
  • ネタバレするとエロティックな恋愛マンガだが、それだけではない

獣人さんとお花ちゃんは、エロティックなだけではなく、物語もしっかりしており、感動もある素敵なマンガです。

ネタバレを読むだけでは味わえない感動を、ぜひマンガでお楽しみください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました