ye digitalはメタバースで株価に期待大!?注目の関連株7社を紹介!

オンライン

今、何かと話題のメタバース。私も気になっているキーワードの1つです。

インターネット上の仮想空間であるメタバースは株式市場では関心の高いテーマとして注目されています。

それに伴い、産業用メタバースを利用するのに必要な技術も持ったye digitalなどの企業にも注目が集まっています。

ye digital株に興味があるけど、買っても大丈夫なの?

ye digitalはメタバース関連の事業を展開していて、今後成長が期待できる会社なのです!

メタバースを調べてみると、特にここ最近では「産業用メタバース」というものも注目されているようですよ。

こちらの記事では、産業用メタバースに関連する技術を持ったye digital他、注目したい関連株7社をご紹介しますよ。

 

 

ye digitalはメタバースで株価が成長する!?

ye digitalはメタバース関連の事業を展開していて今後成長が期待できる会社なので、株も注目が集まる期待株です!

ye digitalは、その産業用メタバースを利用するのに必要なデジタルツインやIoTなどの技術を持っています。

産業用メタバースはこれからますます注目度が上がりそうな分野です。

それに関連する技術を持ったye digitalの株価の動向も気になりますよね!

産業用のメタバースにも利用されているデジタルツインの活用では、自社開発でシステム化を図る企業が多いようです。

しかし、ye digitalのようなプラットフォーム(基盤)や関連技術を手掛ける企業も増えており、関連株にも注目が集まっています。

 

産業用メタバースで脚光!注目の関連株7社を紹介!

ye digitalの他にも産業用メタバースに利用されているデジタルツインやIoTの技術を持った企業があります。

これから株価が気になる注目の関連株7社をご紹介しますね。

ye digital〈2354〉〔東証2〕 デジタルツインを活用したシミュレーションで倉庫全体の生産性を数値化するシステムを開発。これにより自動化設備導入促進を図る
TIS〈3626〉〔東証1〕 衛星データによる都市デジタルツインを活用したお祭りXR体験の実証として「デジタル花火大会」の福岡市で実証実験を行った
ジェクシード〈3719〉〔JQ〕 2021年7月にデジタルツインサービス「ArchiTwin」を提供するArchiTwin社とデジタルツイン事業で業務提携を締結
サイバネットシステム〈4312〉〔東証1〕 AR開発プラットフォームを販売。デジタル技術の活用を促進し、製造業のリモート業務・DXを支援している
ウィングアーク1st〈4432〉〔東証1〕 データの可視化・分析ツールにより、製造現場のデジタルツインを実現するBIツールの「MotionBoard」を提供している
ゼネテック〈4492〉〔JQ〕 製造業のDXの推進、スマートファクトリー化を実現できるシステム開発からソリューションまでの一貫したサービスを提供している
伊藤忠テクノ〈4739〉〔東証1〕 生産設備や物流倉庫の実環境をコンピューター上のサイバー空間に再現するデジタルツインソリューションを提供している

産業用メタバースに利用されるデジタルツインの技術を持っている企業は製造業でも大活躍していますね。

そのため、デジタルツイン技術の関連株も飛躍中です。

 

 

ye digitalはメタバース関連のデジタルツインがある

産業用のメタバースの利用により注目が高まっているのが、「デジタルツイン」という技術です。

産業用メタバースとは製造業をはじめとするBtoB、つまり法人向けビジネスで活用するメタバースのことです。

産業用メタバースの代表的なものの1つとして、半導体大手のアメリカのNVIDIA(エヌビディア)が手掛ける「Omniverse(オムニバース)」があります。

「Omniverse(オムニバース)」は仮想空間内で3Dの共同作業を行うためのプラットフォームを提供しています。

こちらを利用することで、プラットフォーム上で3DCGの制作やシミュレーションなどの作業ができるようになります。

Omniverseは、現実の出来事を仮想空間で忠実に再現するためにデジタルツインを利用しています。

新しい言葉が出てきたぞ。デジタルツインとは何だろう?

 

 

デジタルツインについても詳しく解説するので安心してくださいね

デジタルツインとはデジタルの双子のことを意味する

産業用メタバースの利用で注目度が高まっているデジタルツインについてご説明しますね。

「リアルにある情報をIoT技術などで情報を集め、送信されたデータをもとにAIが分析・処理をすることによりリアルタイムでデジタル空間にリアルを再現する技術」のことです。

なんだか、まだ難しい表現ですよね。リアル(現実世界)の環境をデジタル空間(仮想空間)にコピーする鏡の中のような世界をイメージするとわかりやすいと思います。

デジタルツインとは、デジタル空間(仮想空間)にリアル空間(現実世界)の双子(ツイン)を作る技術ということなのです。

そういったイメージから、デジタルの双子、という意味を込めて、「デジタルツイン」と言われているようです。

デジタルツインという言葉は以前からシミュレーション技術の1つとしてありました。

それが近年では、3DやIoT、AIなどの技術の発展により、さらに高度化し、さまざまな分野で活用できるようになってきたのです。

産業用メタバースでのデジタルツインの利用もその活用のうちの1つなのですね。

それに伴い、ye digitalのようなデジタルツインの技術を持った企業が注目されている、ということなのです。

 

デジタルツイン技術により省人化を図ることができる

省人化とは、業務を見直して、無駄な工程を減らし、人員を減少させることです。

現在の日本企業では、慢性的な人手不足や長時間労働、サービス残業の問題を抱えています。

それらの業務改革や改善において、コスト削減や省人化をするための手段としてデジタルツインの技術は注目されています。

人手不足なので、労働者1人当たりの負担が大きくなりすぎるのを機械化することで、負担を減らしていこう、というものなのですね。

例えば、ye digitalでは、倉庫内のオペレーションに特化し、倉庫の自動化を促進するWES(倉庫実行システム)であるMMLogiStationを開発しました。

想定したパフォーマンスが出ていないなど実環境での課題が発生した場合、MMLogiStationのデジタルツイン・シミュレーションを使用します。

仮想空間の中でその課題を解決し、ボトルネック(目的を達成させる際の障害や問題となる部分)の特定と解決に向けたシミュレーションが可能となります。

それにより、実環境での検証に必要な人員やコストの削減を図ることができるのです。

その分、浮いたコストを設備投資にまわすことや、他の事業に人員を割くことができますよね。

ye digitalのMMLogiStationでは自動化設備導入の効果のシミュレーションをするのにもデジタルツインが活用されているようです。

 

 

ye digitalにもある産業用メタバースにIoTは必須技術

産業用メタバースに必要な技術としてデジタルツインをご紹介しました。

そして、このデジタルツインを利用するのに切っても切り離せない技術としてIoTがあります。

IoTも産業用メタバースの関連株を検討する上で重要なキーワードになるのでご紹介しますね。

ye digitalでもこのIoTは代表的な技術のうちの1つです。

よく耳にするけど、IoTとはそもそも何ですか?

IoTとはモノのインターネット(Internet of Things)のことですよ

また、新しいキーワードが出てきましたね。もう少し詳しくIoTをご説明しますね。

 

IoTとはよく聞くけれどいったいどういうこと?

現在では社会のデジタル化が進み、家電や自動車といった「モノ」をインターネットに接続する技術=IoTが注目を集めているのです。

かつてインターネットは自宅や会社にあるパソコンから接続するものでした。

近年では、デジタルテクノロジーと通信技術の急速な発展により、携帯電話(スマートフォン)やタブレットなどのモバイル端末からもインターネットの接続が簡単になりました。

私の周りでも小学生の甥っ子から80歳以上のおじいちゃん、おばあちゃんまでスマートフォンを使いこなしています。その普及率の高さには目を見張るものがあります。

 

IoTで出来ることにはいったいどんなことがある?

IoTの主な活用事例でいうと、データ収集・分析(モニタリング、予防・予知保全、作業効率化)及び、遠隔制御の仕組みなどがあります。

IoT化が進むことによって、インターネットに接続された「モノ」から膨大なデータが収集できます。

そしてそのIoTによって集められたデータがAIの資源となることで、多様に活用できるようになるのです。

デジタルツインを作り出すには、現実世界から仮想世界へと送られる大量のデータが必要です。そのデータを収集するために必要な手段がIoTというわけです。

インターネットに接続されたモノからの膨大なデータを、リアルタイムに送信し続けることで、仮想空間上にデジタルツインを構築することが出来るのです。

ye digitalなどの産業用メタバースにはこうした技術が使われているのですね。

あなたのご自宅のエアコンを外出先から遠隔操作するように、産業用メタバースでは、あなたの職場と同じものを仮想空間に作り出します。

その仮想空間内の職場で遠隔操作して作業をするような感じだね!

ye digitalの開発したMMLogiStationではこのIoTを利用したデジタルツインによって仮想空間上で、実環境の課題のボトルネックの特定と解決に向けたシミュレーションが可能です。

IoT家電やスマート家電という言葉は聞いたことありませんか?IoT家電とは、インターネットに接続できる家電のことです。

スマート家電はそれらIoT家電をスマートフォンなどで遠隔操作できる家電のことです。スマート家電はIoT家電のうちの一部ということなのですね。

例えば、外出先からエアコンの温度調整をして帰宅時に快適な室温に設定することができます。

夏の猛暑にうだるような暑さの家に帰らなくていいのは助かるわ。

このケースもIoTを利用したものの一例です。この場合はエアコン(モノ)とインターネットを接続しています。さらにそれをスマートフォンなどで遠隔操作できるようにしています。

私も夏になると帰宅時に、エアコンのタイマーをしてくれば良かった!と思うことがあります。

遠隔操作出来たらいいのに、と思っていたことが今では現実的に出来るようになっているのですから、どんどん便利になりますよね。

IoTの対象となるモノには、センサーやカメラ、無線通信が搭載されています。モノの状態や動きを感知することや、データを取得します。

入手した情報はインターネットを介して、人やモノに伝送することがIoTの基本的な仕組みとなるのです。

こうしたIoTの技術も産業用メタバースには必須の技術となっているのです。

 

 

まとめ

  • 製造業などで活躍の場を広げている産業用メタバースが話題に!
  • 産業用メタバースの脚光によりye digitalなどのデジタルツイン関連株が飛躍している
  • 産業用メタバースの注目の関連株7社を紹介!
  • デジタルツインは産業用メタバースにも利用されている注目技術
  • デジタルツインとはデジタル空間に作られる双子のこと
  • IoTはデジタルツインとは切っても切り離せない技術

今、話題のメタバースですが、産業用メタバースもこれからどんどん飛躍していきそうですね。

それに伴って、関連技術を持っているye digitalのような企業も躍進をしているようです。

デジタルツイン技術を使うことで、より詳しいシミュレーションの実現だけではなくコスト削減なども面においても様々なメリットをもたらします。

これからもye digital他、関連企業にも注目ですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました