vtuberの防音対策をたっぷり紹介!騒音トラブルもこれで安心!

vtuber

vtuber活動を始めようと思うけれど、防音対策はどうすればいいのか困っていませんか。

また、vtuberの配信をしていたら近隣の家から苦情を受けてしまった経験はありませんか。

防音対策をしっかりしないまま動画の撮影や配信をしてしまうと、歌を歌ったりゲームに夢中になったりして大声を出し、騒音トラブルを引き起こす可能性があります。

騒音トラブルになってしまったら、家にいられないまたはvtuberの活動自体ができなくなってしまいます。

そのため、防音対策をすることはとても重要です。

vtuber活動を円滑に進めるための防音対策はたくさんあります。

ここではいくつかの防音対策の他に騒音トラブルについても紹介いたします。

これを読んで自分が騒音トラブルを引き起こさないように防音対策をしっかりしてvtuber活動を楽しみましょう!

私がおすすめする防音対策は、組み立て式の防音室である「だんぼっち」です。

軽量で高強度なハニカムダンボールから作られています。

数ある組み立て式の防音室の中でも価格がお手頃なので、コストを抑えたいあなたにおすすめですよ!

¥89,980 (2022/04/23 23:16時点 | Amazon調べ)

vtuberの防音対策には組み立て式の防音室が効果的!

vtuber活動に必要な防音対策には、手軽に準備できる防音カーテンや防音テープから部屋自体を防音室にする大掛かりな工事まで様々あります。

数ある防音対策の中で人気かつ効果的なのが組み立て式の防音室なんです。

実は最も効果的な防音対策は、部屋自体を防音室にする防音工事になります。

しかしリフォームとなると費用も高くなりますし、賃貸の場合は工事をすることも難しいですよね。

防音室をもう少し手軽に用意できるものということで、組み立て式の防音室がvtuberやYouTuberに人気を集めています。

部屋に設置できる人気の組み立て式の防音室

部屋の中に簡易的な防音室を作る組み立て式の防音室は、多くのvtuberが実行している防音対策です。

組み立て式の防音室が人気の理由は以下になります。

  • 防音工事に比べて設置時間やコストを抑えられる
  • 防音室の置けるスペースがあれば設置可能
  • 床や天井に穴をあける必要はない
  • サイズ展開が豊富

組み立て式の防音室は設置時間は数時間で済みますが、部屋の防音工事は数日かかってしまいます。

組み立て式なので引っ越しなどの移動も簡単に行えるのも魅力的です。

床や天井に穴を開けることはないのでアパートやマンションでも手軽に設置可能なところが嬉しいですよね。

また、どのメーカーもサイズ展開をしており、1人で歌を歌ったりパソコン作業ができたりするコンパクトなものから、ピアノが入るほどの大きなものまであります。

部屋の大きさや自分が使用する目的に合わせてサイズが選べますよ。

メリットが多い組み立て式の防音室ですが、もちろんデメリットもあります。

組み立て式の防音室は音が外に漏れないようにするために機密性は高くなっているため、中はとても暑いんです。

冬場はまだ大丈夫かも知れませんが、夏場になると10分もいられないほどの暑さになります。

その中で、歌を歌ったりゲーム実況をしたりして喋り続けることはとても大変です。

熱中症の危険もあるため、暑さ対策を忘れてはいけません。

「スポットクーラー」という小型のクーラーや小型扇風機などを準備しておいた方がいいでしょう。

大注目の組み立て式防音室3つを紹介!

組み立て式の防音室はたくさんありますがその中でも注目すべき3つをご紹介します。

それぞれ特徴があるのであなたに合った組み立て式の防音室が見つかりますよ!

<ヤマハのアビテックス>

大手楽器メーカーのヤマハが提供している「アビテックス」は防音性能だけでなく音場(音楽が聴こえてくる空間)の調整にも配慮した仕組みになっています。

ヤマハの長年のノウハウが活かされており、音の響きにも配慮した設計になっているのですね。

私

歌ったり楽器を演奏したりするvtuberには音の響き方や聞こえ方は重要ですよね!

また、独自のパネル工法により組み立てや設置の時間が短く、引越しなどで移動するときスムーズに行えます。

組み立て式の防音室のデメリットである暑さにも対応しており、1.2畳タイプ以上であれば市販のエアコンも設置することが可能です。

短期間で利用される場合やお試しで導入したい場合はレンタルもありますよ。

<カワイのナサール>

カワイの「ナサール」はたくさんの種類の中から、自分に合った防音室を選ぶことができます。

ライトタイプでは、9種類の床の広さと2種類の高さ、3種類の遮音性能から選べます。

また扉が開く方向や取付ける位置も選べる上に、2.0畳サイズ以上は内開きにすることも可能なんです。

扉の位置も選べるとなるとあなたの部屋のレイアウトに合わせて設置することができますね。

あなたの部屋に合わせた広さや防音性能が選べるので、あなただけの特別な空間を見つけることができますよ。

防音室自体の価格は、よく比較されるヤマハより安めになっています。

ヤマハやカワイの組み立て式防音室は業者の方が設置するため、送料、組み立て費は別途必要になるので注意してください。

<だんぼっち>

「だんぼっち」は軽量で高強度なハニカムダンボールを使った手軽な組み立て式の防音室として人気があります。

人気の最大の理由は価格にあります。他の組み立て式の防音室と比較しても半分以下の低価格です。

工具を使わずに組み立てや分解ができるのも嬉しいですよね。

しかし価格が抑えられている分、防音効果は少し薄いです。

そのため防音効果をより高めたい場合は、吸音材や遮音材を準備し貼り付ける必要があります。

吸音材、遮音材を追加して自分の好きなようにカスタマイズしても、他の組み立て式の防音室に比べて大幅にコストダウンできます。

「だんぼっち」は完全防音というより音を抑えることを重点に置いています。近隣の家への防音対策には十分な実力を発揮しますよ!

組み立ても簡単で低価格な「だんぼっち」は最初に試す防音室としてもおすすめです。

¥89,980 (2022/04/23 23:16時点 | Amazon調べ)

vtuberの防音対策でおすすめなお手軽方法を紹介!

先ほど紹介した組み立て式の防音室は部屋にスペースが必要で低価格なだんぼっちでも10万円ほどかかります。

組み立て式の防音室を用意するスペースがなかったり、もっとコストを抑えたかったりする場合もあるでしょう。

ここではもっとお手軽に防音対策をしたいというあなたにおすすめの方法を紹介します。

吸音材と遮音材は両方使うと効果バツグン

防音対策のお手軽な方法の中でおすすめなのが、お部屋の壁に吸音材と遮音材を貼り付けることです。

吸音材と遮音材のどちらかだけではなく両方使用することで防音効果が大きく発揮します。

では吸音材や遮音材とはどういったものなのでしょうか。

吸音材と遮音材の特徴を表にまとめてみました。

吸音材遮音材
効果音を吸収することで室内での音の反響を抑える音が壁や天井を通過して外へ届かないように跳ね返す
材料グラスウール・ウレタン・有孔ボード鉛・樹脂・ゴム

吸音材だけ使用すると吸収しきれなかった音が外に漏れてしまいます。

逆に遮音材だけ使用すると、今度は音の逃げ場がなくなりひどく反響する空間になってしまいます。

そのため、防音対策で基本となるのは吸音材で音を少なくし、遮音材で音の漏れをさらに防ぐということです。

吸音材と遮音材の組み合わせは、費用が抑えられる一方で、壁全体に貼り付ける必要がありますので重労働な面があります。

さらに遮音材は性質上、重量がありますので作業する際は、2人以上で行うことをおすすめします。

また、吸音材と遮音材を壁に貼り付けるテープは普通のテープだと剥がれやすいので、強力なテープが必要です。

テープが強力な分、剥がすとき壁紙ごと剥がれてしまうこともあるので、マスキングテープで壁紙を保護してから作業するといいですよ。

使う量にもよりますが、吸音材と遮音材、それらを壁につけるテープは合わせて数万円で用意することができます。

吸音材と遮音材が一体型になったものもあるので、そちらを使うと作業コストが抑えられますね。

私

先ほど紹介しただんぼっちに、吸音材と遮音材を両方貼り付けることで防音性能はグンと高まりますよ!

YouTubeでは、実際にだんぼっちに吸音材と遮音材を取り付ける動画がいくつもあるので、ぜひ参考にしてみてください。

お手軽にできる低予算の防音対策を5選紹介

vtuber活動を行うあなたは、もっとお手軽で費用がかからない方法を知りたいと思っているかもしれません。

ここでは、お手軽にできる低予算の防音対策を紹介します。こちらをご覧ください。

  • 防音カーテンにする
  • ドアや窓の隙間に防音テープを貼る
  • リフレクションフィルター
  • 入力感度が高いマイクにする
  • 家具の配置変更

これらの方法は組み立て式の防音室ほどお金はかからないので、まずはこちらから始めてみてもいいですね。

それでは、それぞれの防音対策の方法を詳しくみていきましょう。

<防音カーテン>

吸音性と遮音性を兼ね備えた防音カーテンを取り付けてみましょう。

防音カーテンを選ぶポイントとして、重さと大きさがあります。

重ければ重いほど防音効果が期待できますので、あなたがどれくらいの防音効果が欲しいか考えてみましょう。

防音カーテンの大きさは必ず窓枠より大きいものを選びましょう。隙間ができてしまってはそこから音が漏れてしまうからです。

さらに、カーテンの端をマスキングテープや養生テープで壁に貼り付けると防音効果は高まります。

私

隙間を無くすイメージでやってみてください。

マスキングテープや養生テープは100均やホームセンターで手に入りますよ。

<防音テープ>

ドアや窓の隙間に防音テープを貼ることで音漏れを防ぐことができます。

ドアや窓はしっかり閉まっているように見えますが実は隙間だらけなんです。

そのため、その隙間をテープで埋めることで防音できます。

さらに、小さい虫が入ってくるのを防いだり、冷暖房効果も高めたりするので防音テープを貼ることでメリットはたくさんあります。

1個1000円前後から購入できるので、手軽に対策できますね。

<リフレクションフィルター>

リフレクションフィルターは、マイクを覆うように設置し、反響や反射音を抑えることができるものです。

内側には吸音材、外側には遮音材を貼ったフィルターになってます。

ハッキリした綺麗な声や音を録音するためのものですが、吸音材と遮音材から作られているので、少なからず防音効果もあります。

vtuber
vtuber

歌ってみた動画を配信する予定だからこれを買ってみようかな。

<入力感度の高いマイクにする>

入力感度の高いマイクを使えば、大きな声を出さなくても声をしっかり拾ってくれます。

この方法は、発した音の音漏れを防ぐのではなく、発する音をできるだけ小さくするものです。

そのため、歌ってみた動画よりかは大声を出す必要のないゲーム実況を行うvtuberに向いている方法と言えます。

<家具の配置を変更する>

家具の配置変更はお金のかからない防音対策です。

音は発した場所から距離が遠くなるにつれて小さくなり、ドアやタンスなどの障害物があるとさらに小さくなります。

隣人への音の伝わり方は、主に壁から伝わります。

壁側にタンスなどの家具を配置して障害物を作ることによって、音の伝わりが小さくなり防音効果が期待できます。

しかし、ここで紹介したいくつかの手軽な防音対策は、どれかひとつをやったとしても防音効果はあまり期待できません。

いろいろな方法を組み合わせて防音対策することで、周りに迷惑をかけることなく快適にvtuber活動を行うことができますよ。

vtuberは防音対策しないと騒音トラブルになる

vtuberは基本室内から配信し、特に歌ってみた動画やゲーム実況など室内で騒音が出る内容が多いです。

また昼間は会社や学校へ行き、帰宅後の夜に録音や生配信をやるvtuberも多いことでしょう。

防音対策をしっかりしないまま、録音や配信を行うと近隣住民との騒音トラブルになります。

実際に、YouTuberやvtuberの騒音トラブルは少なくありません。

警察出動の事態になり活動自粛になったvtuberもいます。

騒音トラブルになってしまったら、家にいられなくなったり、vtuberの活動自体ができなくなったりする可能性があります。

私

騒音トラブルの話し合いがうまくいかず、裁判にまでなることもゼロではありません。

マンションやアパートの集合住宅だけでなく、一戸建てでも騒音のクレームが起こりやすくなっています。

そのため、集合住宅でも一戸建てでもvtuber活動をするには防音対策はとても大切なんです。

より良い近隣住民との付き合いのためには、防音対策をしてお互いに快適に過ごせる空間を確保しましょう。

まとめ

  • 部屋の中に設置する組み立て式の防音室は、多くのvtuberが実行している防音対策
  • 人気の理由は、スペースがあれば部屋に設置できたり、床や天井に穴を開ける必要がなかったりするため
  • 組み立て式の防音室は、暑さ対策が必須
  • 組み立て式の防音室の中で、低価格で手に入る「だんぼっち」が人気
  • 吸音材と遮音材は両方使うと効果的に防音対策ができる
  • お手軽に防音対策できる方法は、防音カーテンや防音テープ、リフレクションフィルターなどたくさんある
  • いろいろな方法を組み合わせて防音対策をすることで、快適にvtuber活動を行うことができる
  • 防音対策をしっかりしないまま、録音や配信を行うと近隣住民との騒音トラブルになる

防音設備が整った部屋に引っ越したり、防音工事をするのが防音対策として一番効果が高いです。

しかし、ここで紹介した組み立て式の防音室や吸音材と遮音材の使用、防音カーテンなどでもvtuber活動する上での防音は十分可能です。

これらの防音対策をしっかりして、近隣住民とお互いに快適に過ごしながらvtuber活動を楽しんでくださいね。

防音対策として特におすすめなのが、vtuberやYouTuberの間でも人気な「だんぼっち」です。

完全防音はできませんが、吸音材や遮音材を貼り付けてあなたの用途に合ったオリジナルの防音室を作るのもいいですね。

組み立ても簡単で低価格の「だんぼっち」は自分だけの手軽な防音室としてぜひお試しください。

¥89,980 (2022/04/23 23:16時点 | Amazon調べ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました