宅配ピザの賞味期限はいつまで⁈保存方法や美味しい食べ方もご紹介!

宅配

宅配ピザを注文したとき、意外と大きくて食べきれなかったことはありませんか?

私もよくお友達とホームパーティーをするとき、宅配ピザを注文します。

しかし、他のものも食べるので数切れだけ残りがちです。

余ったピザをそのまま捨ててしまうのは、勿体無いですよね。

宅配ピザの賞味期限はいつまでなの?

このような疑問を感じることはありませんか?翌日以降も保存ができ、後日美味しいピザをもう一度食べられるなら、最高ですよね!

この記事では、宅配ピザの賞味期限や日持ちさせる方法についてご紹介します!

宅配ピザの賞味期限を知って、あなたも美味しくピザを食べましょう!

 

 

宅配ピザの賞味期限はどれくらい?!

宅配ピザの賞味期限はこの日まで!という、明確な記載がされていないことがほとんどです。

宅配ピザは基本的に常温で保存することが難しいため、その日のうちに食べきるのが一番良いとされています。

意外と保存できる時間が短いので、余計食べ切らなければ!という気持ちになってしまいますよね。

しかし、保存方法によって、宅配ピザの賞味期限はそれぞれ変わります。

宅配ピザを常温で保存する場合は、半日程度を目安に食べきってしまうのがベストです。

暑い時期や寒い時期、湿気の多さなど、天気やお部屋の環境により賞味期限は異なります。

そのため、できるだけ日光の当たらない涼しい場所が、好ましいです。

夏のように暑い日は、お部屋の中でも気温が高く、すぐ傷んでしまうので常温保存は避けましょう!

 

賞味期限切れのピザの見分け方

上記のことに気をつけて保存していても、ピザが腐ってしまうこともあります。

宅配ピザが腐ってしまい、食べられない場合は以下のようになります。

  • 異臭がする
  • カビが生えている
  • 食べた時に酸っぱい味がする
  • チーズではない糸が引いている

このような場合は、残念ながら腐ってしまっているので、ゴミ箱へさようならしましょう。

夏場以外、半日程度で腐ってしまうことは稀ではありますが、チーズが乾燥していたらまず注意しましょう。

私も夏場についうっかり、半日程度常温で放置したために、腐らせてしまったことがあります。

まだ、食べられたのに捨てなくてはいけないのは、ツライですよね。

宅配ピザは常温だと、すぐに腐ってしまうということを覚えておくと良いでしょう。

しかし、宅配ピザは保存方法により、賞味期限が変わるので今から説明していきますね。

 

 

宅配ピザの保存方法

まず、宅配ピザを常温で保存する場合は、サランラップで一切れずつ包装しましょう。

サランラップで包むことによって、ピザが乾燥し、固くなることを防いでくれます。

ただし、宅配ピザはその日のうちに食べ切る前提で作られているため、あまり日持ちはしません。

そのため、常温で保存する場合は、夏場を除いて半日程度を目安にしておくと良いですね。

冬場やお部屋の温度が低い場合は、半日以上もちやすいです。

しかし、夏場のようにお部屋の温度が高い日は、半日持たないため注意が必要です。

また、チーズや生ハムなど、宅配ピザには、傷みやすい食材がのっていることが多いので、常温保存ではより傷みやすくなります。

そんな時は、冷蔵庫や冷凍庫での保存をオススメします!

 

冷蔵保存の場合

宅配ピザを冷蔵庫で保存する場合、賞味期限は2日ほどが目安になります。

冷蔵庫での保存も常温保存の時と同じようにサランラップで包み、乾燥から守りましょう。

できるだけ空気に触れさせないことが、少しでも美味しさを保つポイントです。

また、冷蔵庫には、他の食材も入っていますよね。

匂い移りしないようにするためにも、サランラップで包み、ジップロックやタッパーに入れて保存するのがおすすめです。

このように保存していても、冷蔵庫では1〜2日経つとピザの生地が劣化する可能性があります。

そのため、それ以上保存したい場合は、冷凍保存が最適です。

冷蔵したピザを食べる際は、オーブンで焼くと、購入時に近い状態で美味しく食べられることができます。

生地が固い時や、表面が乾燥している場合は、霧吹いで軽く水を吹きかけると、柔らかくもっちりします!

私は余ったピザをとりあえず冷蔵庫に入れて、ピザがカチカチになってしまうことがよくありました。

しかし、乾燥対策をすれば、生地の劣化も防げて、比較的美味しい状態でピザを食べられるのは嬉しいですね!

翌日、朝から美味しいピザが食べられたら、ちょっと優雅な時間を過ごせそうです。

 

冷凍保存の場合

3日以上宅配ピザを保存したい場合は、冷凍保存がオススメです!冷蔵庫では、2日までが限界でしたね。

しかし、冷凍庫で保存すれば、宅配ピザの賞味期限は、2週間から1ヶ月程度は保存が可能です。

1ヶ月以上経過すると、冷凍焼けや劣化が進んでしまうので、遅くても1ヶ月以内に食べきるのが良いでしょう。

賞味期限が1ヶ月となると、自分の食べたいタイミングで食べることができるのは嬉しいですね。

冷凍保存の場合も冷蔵保存と同じように、サランラップで包み、ジップロックやタッパーで保存します。

その際、ピザの熱が冷めたか確認してから冷凍庫で保存してくださいね。

熱いまま冷凍するのは、傷みが早くなる原因となります。

また、冷凍する際は、ピザのトッピングの食材を確認しましょう。

チーズやベーコンなどは冷凍して解凍しても、美味しく食べることができます。

しかし、ジャガイモなどは冷凍して解凍すると、少し食感が変わる可能性があります。

そのため、冷凍保存に適していないトッピングの食材は、最初から取り除いておくのがベストですね。

 

 

宅配ピザを保存した時のおすすめな食べ方

残ってしまった宅配ピザを冷凍保存したあと、解凍してから食べる方法はいくつかあります。

電子レンジ、オーブントースター、フライパンそれぞれ美味しく食べるにはどれが良いのか、説明していきますね。

あなたに合った焼き方、食べ方を見つけて、もう一度美味しく宅配ピザを食べましょう!

冷凍保存した宅配ピザを食べるときは、まず、常温で解凍してからオーブンで焼く方法が、おすすめです。

他にも、解凍方法は3つあり、以下のようになります。

冷凍した宅配ピザの解凍方法
  • 自然解凍
  • 冷蔵庫解凍
  • 電子レンジ解凍

冷凍したピザを食べる際、解凍することが必ず必要!とまでは言えません。

しかし、解凍した方が火の通りが良くなり、美味しく焼くことができます。

少し時間はかかりますが、自然解凍や冷蔵庫解凍であれば、冷凍庫から室内や冷蔵庫へ移動させるだけで良いので簡単ですね。

時間がなく、すぐ食べたい場合は、電子レンジが便利です。

500〜600wで1~2分ほど温めれば解凍できます。

しかし、電子レンジの場合、生地の水分が奪われ固くなったり、逆にべちゃべちゃになってしまったりすることがあります。

電子レンジで加熱する際は、注意しましょう。そして、ピザを焼く方法は4つあります。

解凍したピザを焼く方法
  • オーブントースター
  • フライパン
  • オーブンレンジ
  • 魚焼きグリル

 

それぞれ、どのようにすれば美味しいピザが焼けるのか、詳しく説明していきますね。

 

オーブントースター

オーブントースターで焼く際は、解凍している間にオーブンを少し温めておくと良いです。

5分焼いてみて、チーズの部分が溶けてグツグツしていたら出来上がりです!

焼きが足りなさそうであれば、1〜2分ずつ追加して様子を見てみましょう。

オーブントースターは短時間でパリッと焼くことができるので、時間もそんなにかからず美味しく食べられますね!

ただし、焼きすぎると生地の部分がカチカチになってしまうので、注意してください。

焼きすぎたくない時は、あらかじめアルミホイルなどで覆っておくこともおすすめです。

 

フライパン

フライパンで焼くときも、最初にフライパンを中火で温めておきましょう。

また、フライパンには油などのオイルの使用はNGです。油を使用すると、ピザ生地が油を吸ってしまいます。

そのため、外は揚げたような状態で、中はベタっとしたピザになってしまいます。

ピザを焼く際は、必ずフライパンに蓋をしてください。

フライパンの熱は下からきて上へ逃げていくため、生地だけに熱が入ってしまい、上のチーズが固まったままになってしまいます。

蓋がない場合は、アルミホイルで簡易的な蓋を作れば、代用できますよ。

しかし、フライパンはオーブンなどに比べて、焼き加減がとても難しいのです。

表面が焦げすぎたり、具材があまり温まらなかったり、火加減が少し違うだけで、上手く焼けない場合が多いです。

フライパンは、他に道具がない場合の最終手段として、考えておくと良いでしょう。

また、オーブンやトースターがあれば、それらを利用した方が時短になるかもしれませんね。

 

オーブンレンジ

オーブンレンジで冷凍ピザを美味しく調理したい時は、200度以上の高温設定にすると、内側はふっくら外側がカリッとしたピザを焼くことができます。

焼き時間は5分から始め、様子を見つつ、お好みで設定しましょう。

また、霧吹きや濡らしたキッチンペーパーなどでピザの耳部分を濡らしておくと、耳までもっちり焼き上がりますよ。

さらに美味しく食べたい時は、ピザの上に追いチーズをして焼くのがおすすめです!

私はチーズが大好きなので、ピザを温め直す際はいつもチーズをたくさんのせて焼きます。

とろっとろで、焼きたてのピザのように食べることができるので、とても美味しいですよ。

 

魚焼きグリル

魚焼きグリルで焼く場合は、基本的に表面が焦げやすいため、弱火で焼きます。

焼き時間は3〜5分くらいを目安にしておくと良いですが、フライパンと同じで火加減によって焼け具合が変わります。

私の経験上、グリルは意外とすぐ焦げてしてしまうので、極力グリルから目を離さないことをおすすめします。

焼きはじめてから、生地の縁がきつね色になり、チーズがグツグツしてきたら出来上がりのサインです。

また、魚焼きグリルには、片面焼きと両面焼きのタイプがあります。

片面焼きのグリルで焼く場合は、事前にフライパンでピザの表面を焦げ目がつく程度焼いておくと良いでしょう。

それぞれ4つの方法で、美味しくピザを食べるには、設定温度が大切だということがわかりますね!

少し手間や時間がかかりますが、オーブントースターやオーブンレンジで焼く方法は、一番簡単に美味しくピザを食べることができるのでおすすめです!

冷凍した宅配ピザを食べる際は、あなたのやり易い焼き方で、焼いてみてくださいね。

 

 

まとめ

  • 宅配ピザの賞味期限は明確な記載がされていないが、その日のうちに食べきることを前提で作られている
  • 宅配ピザを常温保存する場合は、半日程度を目安に食べきると良い
  • 宅配ピザを冷蔵保存する場合は、賞味期限が2日ほど、冷凍保存する場合は1ヶ月程度もたせることができる
  • 保存する際は、空気に触れないように、サランラップで包みジップロックなどに入れて保存すると生地の劣化を防げる
  • 賞味期限が切れ腐ったピザは、異臭がする・カビが生えている・酸っぱい味がする・糸が引いている
  • 冷凍保存したピザは、自然解凍したのち、オーブンなどで焼くとより美味しく食べることができる
  • 解凍するには、自然解凍・冷蔵庫解凍・電子レンジ解凍の3つの方法がある
  • 解凍したピザを焼くには、オーブントースター・フライパン・オーブンレンジ・魚焼きグリルの4つの方法がある

宅配ピザは保存方法により、賞味期限が変わることがわかりましたね。

保存方法や、焼き方に手間を加えることにより、購入時に近い状態でもう一度ピザを食べることができます。

ピザが余ってしまった際はぜひ、この記事を参考に、翌日も次の週もピザを楽しんでくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました