iphoneのsimカードが取り出せない!正しい取り出し方を紹介

オンライン

iphoneのsimカードが取り出せないと悩んでいませんか?

simピンをなくして困っている人はクリップで代用できますよ。

私も格安simに乗り換える際は苦労したので、その気持ちはよく分かります。

iphoneのsimカードが取り出せない時って大事なスマホが壊れる不安や何が悪いか分からないイライラでもう嫌だ〜って気分になっちゃいますよね。

でも大丈夫!そんなあなたのためにiphoneのsimカードが取り出せない時の対処法4選と正しい取り出し方を4ステップにしてまとめました。

記事の後半ではiphoneのsimカード入れ替えでよくある質問を5つにまとめています。

この記事を読めばiphoneのsimカードが取り出せないと悩むことはなくなると思いますよ♪

simピンをなくして喉から手が出るほど欲しいあなたに嬉しいお知らせです!

クリップなどの代用品ではちょっと不安とお考えですよね?

そんなあなたにピッタリなiphone対応のsimピンを選んでみたので、ぜひお使いください♪

iphoneのsimカードを取り出せない時の対処法

iphoneのsimカードが取り出せない時は以下の4つの対処法で解決することがあります。

iphoneのsimカードが取り出せない時の対処法4選
  • simトレイの穴にゴミが入っている場合は取りのぞく
  • simピンをなくした場合は代用品を使うか新しく買う
  • simカードが引っかかっている場合は薄紙を差し込む
  • ホコリなどで固着している場合は少し衝撃を与える

さっそくiphoneのsimカードが取り出せない時の対処法を確認していきましょう。

simトレイの穴にゴミが入っている場合は取りのぞく

simトレイの穴にゴミが入っている場合は取りのぞいてください。

海やピクニックに行った際に入った砂が意外と詰まっています。

細い針などで優しくつつけば外に出てくると思いますよ。

穴にゴミが入っている状態でsimピンなどを強く押し込むと故障して修理に出さなくてはならなくなるので気を付けて中のゴミを取り除いてくださいね。

押し込む力が足りない以前の問題があるんだね。

simピンをなくした場合は代用品を使うか新しく買う

simピンをなくした場合は代用品を使うか新しく買ってください。

simピンはネットで安く購入することができます。

しかし新しいsimピンが来るまで待ってられないという方がいると思います。

そんなあなたのためにsimピンの代わりに身の回りで使えるものをまとめてみました。

simピンをなくした場合の代用品5選
  • ゼムクリップ
  • 安全ピン
  • 縫い針
  • 画鋲
  • シャープペンシル

それぞれの使い方について簡単に説明しますね。

<ゼムクリップ>

ゼムクリップは先端を伸ばして使用してください。

Apple公式でもゼムクリップの使用は推奨されているので安心して使えます。

私はなぜか毎回simピンをなくしてしまうのでクリップを愛用しています。

丸まった部分を握ってグッと押し込むとすぐsimトレイが出てきてくれますよ。

<安全ピン>

安全ピンは針の部分を穴に刺して使います。

このとき針の部分で指をケガしないよう気を付けてくださいね。

私は服が破れたときの緊急補修用に何個か持っていたので買いに行く時間を短縮することができました。

これを読んでいるあなたもクリーニングに出した服やお子さんの制服の名札に付いているものを代用してはいかがでしょうか。

<縫い針>

縫い針は細い方からsimトレイの穴に挿して使います。

細くて小さいのでsimカード取り出しに使用する際は床に落とさないよう気を付けましょう。

もし床に落としてしまった場合は磁石で探すと簡単に見つかりますよ。

また、作業中にケガをしないよう指ぬきがある人は使ってみるといいかもしれません。

<画鋲>

画鋲は壁に押し付ける時と同様に押し込んで使います。

simトレイの歪みに繋がりますので、simトレイの穴より太い画鋲を押し込まないようにしましょう。

また、プラスチックや木製の画鋲は押し込む際に割れて破片が穴の中に詰まることもあるので使わない方がいいです。

画鋲を使用する際はsimトレイの穴より細い金属製を使って下さい。

<シャープペンシル>

シャープペンシルがsimカードの取り出しに使用できる場合もありますよ。

クルトガやuniのゲルペンシルのようなガイドパイプがあるタイプのシャープペンシルはsimトレイを取り出すことができるんです。

シャープペンシルの芯をおさめた状態でsimトレイの穴に挿してみてください。

どうしても芯が中に残らないか心配な人はシャープペンシルの芯を抜いた状態で試してみるといいかもしれませんね。

simピンをなくして喉から手が出るほど欲しいあなたに嬉しいお知らせです!

クリップなどの代用品ではちょっと不安とお考えですよね?

そんなあなたにピッタリなiphone対応のsimピンを選定しましたのでぜひお使いください♪

simカードが引っかかっている場合は薄紙を差し込む

simカードが引っかかっている場合は薄いメモ用紙や付箋、ラミネートフィルムなどを差し込んで下さい。

薄紙はハサミで使いやすい大きさにカットするとsimカードを取り出しやすいです。

ピンを押し込むと途中まではsimトレイが出てくると思うので、その隙間に薄紙を差し込んでsimカードのズレを直しましょう。

薄紙を差し込む隙間がない場合やどうしても出てこない場合は分解して内部からアプローチするしかないので修理に出してください。

修理は15分ほどで終わるケースがほとんどのようですよ♪

ホコリなどで固着している場合は少し衝撃を与える

何度もsimトレイの開け閉めを繰り返していると、simトレイの周りにホコリが入りこみ固着することがあります。

この場合はお箸などで軽くsimトレイ付近に衝撃を与えてみると、固着が外れることがあるのでお試しください。

固着が外れないからといって大きな衝撃を与えると故障の原因になるのでやめてくださいね。

どうしてもiphoneのsimカードが取り出せない場合は修理に出しましょう。

修理に出したけど思ったより早く終わりその日のうちには返してもらえました!

iphoneのsimカードの正しい取り出し方を紹介

iphoneのsimカードの正しい取り出し方には大きく4つのステップがあります。

iphoneのsimカードの正しい取り出し方
  1. simトレイの位置を確認する
  2. simカードを取りだす前に電源をオフにする
  3. simピンまたはゼムクリップを挿す
  4. simトレイを手でゆっくりと取り出す

さっそく、それぞれのステップを確認していきましょう。

正しい取り出し方を知れば作業の時間を短縮できるかもしれません。

simトレイの位置を確認する

まず、お持ちのiphoneのsimトレイの位置を確認しましょう。

simトレイの位置はiphone本体の上部にあるもの、iphone本体の右側にあるもの、iphone本体の左側にあるものに分かれます。

初代iphone~3は本体上部、iphone4~11は右側、iphone12~13は左側にsimトレイがあるようです。

iphoneのモデル番号の確認はアプリの「設定」で出来ますので確認してみてください。

私はiphone8を使っていますので本体の右側にsimトレイがありました。

自分の持っているiphoneのsimトレイの場所ってどこなんだろう・・・?

新しいsimカードが来るまでにiphoneのカバーを外して一度確認してみるといいかもしれませんね。

simカードを取りだす前に電源をオフにする

simカードを取りだす前に電源をオフにしておきましょう。

iphoneの電源をオフにする方法は機種ごとに違います。

iphoneX以降の機種は電源ボタンと音量ボタンを長押しすることで電源をオフにすることができます。

iphone8~初代iphoneは電源ボタンを長押しすることで電源をオフにすることができます。

電源をオフにすることでiphoneの中のデータが壊れるリスクを回避することができます。

simカードを交換する前に忘れず電源をオフにするようにしましょう。

simピンまたはゼムクリップを挿す

iphoneの電源をオフにしたら、simトレイの穴にsimピンかゼムクリップを挿しましょう。

まっすぐ奥に押し込むようにすれば、simトレイが飛び出してくるはずです。

今手元にsimピンもゼムクリップもないので、試しにクルトガのシャープペンシルの先端を押し込んでみたらポンッとsimトレイが飛び出してきました。そんなに力はいりませんでしたよ♪

身の回りにある代用品でも十分simトレイの穴に挿すことができるので、試してみてはいかがでしょうか。

simトレイを手でゆっくりと取り出す

simトレイが出てきたら手でゆっくりと取り出しましょう。

この時simトレイを落としたり力を入れて曲げたりするとsimトレイの歪みにつながってしまいます。

また、simカードも落としやすいので注意してくださいね。

落ち着いてゆっくりと取り出すようにしましょう。

あとは新しいsimカードをsimトレイに合ったサイズに切り取ってはめれば終わりです。

お疲れ様でした♪

iphoneのsimカードの入れ替えでよくある質問

実際にiphoneのsimカードを入れ替える際によくある質問を5つにまとめてみました。

iphoneのsimカードの入れ替えでよくある質問
  • simカードを入れ替えるときの注意点5つ
  • 入れ替えてもiphoneのデータはなくならない
  • iphoneのsimカードのサイズを確認しておこう
  • simカードを切り取った後の台紙は取っておくと安心
  • 交換後の古いsimカードはキャリアごとに対応が違う

ここで疑問をスッキリ解決しておきましょう!

それではそれぞれの質問についてお答えしていきますね♪

simカードを入れ替えるときの注意点5つ

iphoneのsimカードを入れ替えるときの注意点は5つあります。

simカードを入れ替えるときの注意点5選
  • simカードのチップ部分やトレイ差込口には触らない
  • 水分や静電気を除去して作業にとりかかる
  • トレイやsimカードをなくさないようにする
  • simカードの切り欠きの向きに注意する
  • iphoneのsimロックが解除されているかチェックする

それぞれの注意点を確認すれば今あなたが直面している問題が解決するかもしれません。

早速確認していきましょう!

<simカードのチップ部分やトレイ差込口には触らない>

simカードのチップ部分やsimトレイの差込口に指で触るのはやめましょう。

simカードのチップ部分は携帯電話やモバイルデータ通信をするための情報が集まっています。また、simトレイの差込口はiphone内部とつながってる部分です。

これらの部分に小さなホコリのついた指で触ると動作不良を起こしてしまいます。

万が一触ってしまった場合はスマホの画面をきれいにするクロスなどで綺麗にすると良いかもしれません。

私はSIMカードの金属部分に触ってしまい指紋を付けてしまったのですが、クロスで綺麗にしたらなんとか使えました。

しかしiphoneの差込口についてはゴミが入ってしまうと綺麗にするのは難しいです。

simカード入れ替えの際はsimカードの側面を持ち、simトレイ差込口には触らないようにしましょう!

<水分や静電気を除去して作業にとりかかる>

simカードを入れ替える際は水分や静電気をできるだけ除去して作業にとりかかりましょう。

防水タイプのスマートフォンでも内部は水分や静電気に弱いです。

家事などで濡れた手はよく拭いてください。また、帯電しやすい服や毛布の上で作業するのはやめましょう。

帯電していると思う場合は壁に触るだけでも静電気を逃がすことが出来ますよ♪

simカードは精密機器ですので、安全に作業できる環境を整えてsimカードを入れ替えたいですね。

<トレイやsimカードをなくさないようにする>

simトレイやsimカードは小さくて軽いので非常になくしやすいです。

風のある屋外でなくしてしまえばもう二度と見つけることはできないでしょう。

simピンは身の回りで代用できるものがたくさんありますが、simカードとsimトレイはなかなか代用品がありません。

simカードの入れ替え作業は屋内の落ち着く場所で行うようにしましょう。

<simカードの切り欠きの向きに注意する>

simカードを入れる際はsimカードの四隅のうちどこかにある切り欠きに注意して入れましょう。

simトレイを外した時と同じ向きでsimカードを入れなければiphoneがsimカードを認識してくれません。

私はsimカードの向きを間違えて入れていたことがあり、何も問題ないはずなのにiphoneがsimカードを認識しないと慌てた経験があります。

simカードをひっくり返したら簡単に認識してくれましたよ。

simトレイを取り出す際はsimカードの向きを確認しておきましょう。

<iphoneのsimロックが解除されているかチェックする>

iphoneにsimロックがかかっていると新しいsimカードを認識しないことがあります。

でもiphoneのsimロック解除ってなんだかめんどくさそうですよね。

私もそう思ってなんとかsimロック解除せずに新しいsimカードが使えないか方法を探してみましたがそんな方法はありませんでした(笑)。

観念してweb上で手続きしてみるとあっさりsimロック解除できました。

悩んでいた時間がもったいなかったなと思いましたね。

ただほとんどのキャリアが端末購入日から100日経過してないとsimロック解除を受け付けていないようです。

simカードを取り寄せる前にsimロックが解除できる機種か確認しておいた方がいいかもしれません。

入れ替えてもiphoneのデータはなくならない

iphoneのsimカードを入れ替えすることで、iphoneのデータがなくなることはありません。

simカードの主な仕事はwi-fi環境ではない場所での携帯電話やインターネットの通信をすることで、電話帳などの情報を記録することではないからです。

ただしiphoneのsimロックの中には契約キャリア以外との通信ができないものもあるので、そういった端末をお使いの方は通信に異常が発生することがあります。

電話が使えないと困るという方はsimカードを入れ替える前に、ご自分のiphoneのsimロック解除の内容を確認した方がいいでしょう。

iphoneのsimカードのサイズを確認しておこう

iphoneのsimカードのサイズは標準、micro、nanoと3種類あります。

iphone初代~3のsimカードは標準サイズ、iphone4のsimカードはmicroサイズ、iphone5~13までの機種のsimカードはnanoサイズとなっています。

主に流通しているsimカードのサイズはnanoサイズなんだね。

新しいsimカードを契約する際はsimカードのサイズをきかれることがありますので、事前に確認しておきたいポイントですね。

simカードを切り取った後の台紙は取っておくと安心

simカードを切り取った後の台紙は捨てないで持っておくか、台紙に書かれてあるPUKコードを必ず記録しておいてください。

PUKコードとは「PINロック」がかかったSIMカードを解除するための暗証番号です。

PINコードを3回間違えるとPUKコードが求められる、というイメージを持ってもらえるとわかりやすいかと思います。

もしもの時のためにPUKコードは必ずひかえておくようにしましょう。

交換後の古いsimカードはキャリアごとに対応が違う

simカードはキャリア側の持ち物なので原則返却する必要があります。

キャリアごとに対応が違うのであらかじめ確認しておくと安心かもしれません。

また、自分で処分する場合はハサミで切って二度と使えないようにしておきましょう。

simカードにはあなたの電話番号などの情報が残っています。

悪用されないために切り分けた破片を分けて処分するとまさに完璧な処分方法といえるでしょう♪

まとめ

  • iphoneのsimカードを取り出せない時はまずsimトレイの穴をきれいにする
  • simピンをなくした場合はゼムクリップ、シャープペンシルなどで代用するか新しく買う
  • 薄紙を差し込む、軽く衝撃を与えてみるなどの対策をとってもsimトレイが出てこない場合は修理に出す
  • simカードの正しい取り出し方は「simトレイの位置の確認」「電源を切る」など4ステップある
  • iphoneのsimカード入れ替えの際は「simカードのチップ部分やトレイ差込口には触らない」、「水分や静電気を除去する」など5つ注意することがある
  • iphoneのsimカードを入れ替えすることでデータが消えることはない
  • simカードの入れ替え前にiphoneのsimロック解除とsimカードのサイズについて調べておくと便利
  • simカードを交換した後は台紙にあるPUKコードの保存と古いsimカードの切断を行った方がいい

iphoneのsimカードが取り出せない時の対処法と正しい取り出し方、入れ替えの際よくある質問を紹介してきました。

格安simに乗り換えると毎月の固定費をグンと節約できて心が軽くなりますよね。

この記事を利用してお得なプランにジャンジャン乗り換えちゃってください♪

格安simへの乗り換えをご検討中のあなた!

新しいsimカードに付属してあるsimピンはたった1本だけです。

simピンをなくしてiphoneのsimカードが取り出せないと悩む前に、何本か追加で購入しておくのはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました