虫歯になったのに病院の予約が一ヶ月後!!治療を諦めず続けるコツは?

オンライン

歯が痛いから歯科医院の予約をしたのに、予約日が一ヶ月後になってしまった!

虫歯になってしまったのなら一刻も早く治療したいですよね。

それなのに歯科医院の予約がいっぱいで、やっと入れられたのが一ヶ月後…。

予約日を待っている間に虫歯が進行しないの?

予約がそんな先になるなら他の歯科医院で予約を取り直した方がいいかな?

予約が一ヶ月後と先になってしまうと、虫歯の進行が心配ですよね。

予約が一ヶ月後でも大丈夫なのか、なぜ歯科医院の予約はとりにくいのか、なぜ何度も治療に通わなければならないのかを調べました!

歯科医院を選ぶときのポイントや、予約するときに伝えたいこともまとめましたよ!

現在歯科医院の予約が一ヶ月後になっているあなたも、これから予約がとれるか心配なあなたも、まずは不安を解消しましょう!

 

 

虫歯なのに予約が一ヶ月後!?歯は大丈夫なの?

虫歯を見つけてから次回の予約が一ヶ月後になってしまった。

こんなときに心配なのは、放置している間に虫歯の進行はしないのか?ということですよね。

答えは、虫歯の進行状況にもよります。虫歯による痛みがある場合とない場合、治療を始めて薬を詰めただけの状態である場合、を説明します。

 

痛みがある虫歯の場合

虫歯で痛みが出ているのは、虫歯が神経近くまでかなり進行した状態のようです。

この状態になっているのならば、なるべく早く治療を開始した方がよいでしょう。

予約を取った時には痛みをあまり感じておらず、時間がたつにつれ、痛みが出てくるということもありえると思います。

徐々に痛みが出てきて、食事すらできなくなることを想像するだけでも恐ろしいですね。

そんなときには、痛みが出てきたことを電話で伝え、なるべく早く診察してもらえないか歯科医院に相談してみてください。

予約の合間を作って診察してもらえることもあるようですよ!

ただし、予約の合間で診察してもらえる場合は、待ち時間がかなり長くなることが想定されるので、時間に余裕のある時に入れてもらいましょう。

 

痛みを感じていない初期の虫歯の場合

初期の虫歯ならば、予約が一ヶ月後でも大きな問題にならない場合が多いようです。

ただし、見た限りでは大したことなさそうで、痛みなどの症状がなくても、実はかなり進行している場合もあるのだとか。

つまり、痛みが出ているならば、早めに治療する必要があるのはもちろん、痛みがなくても一ヶ月放置するのは危険であると考えられます。

痛みがないのであれば、一カ月後の予約日まで様子をみるようにすることも一つの手段かと思います。

しかし、少しでも痛みを感じた場合は、上記のように速やかに歯科医院に相談するようにしてください。

もしかしたら、歯科医院での診察をしておらず、虫歯の進行度がわからない場合は、より早く行ける医院で予約を取り直した方がいいかもしれません。

予約を取り直す場合は、先に予約した歯科医院にキャンセルの連絡を忘れないようにしてくださいね!

また、かかりつけの歯科医院があり、そこの予約が一ヶ月後となってしまっている場合は、一度医院に相談をしてみるとよいですね。

 

治療を始めて薬を詰めている場合

すでに歯科医院にかかり、治療を開始しているが、次の予約が一ヶ月後になったということもあると思います。

前回の治療が、軽く薬を詰めただけだとすると、次の予約までに虫歯が進行してしまわないか心配になりますよね。

この場合も、詰めている薬によって放置しても大丈夫かは変わるようです。

詰めた薬が、患者の歯を残すために虫歯の進行を遅らせ、虫歯部分を固くしてから処置を行うためのものならば、わざと期間をあけることもあるそうですよ。

その場合は、一ヶ月後の予約であっても問題はありません。

しかし、そうでない場合は虫歯が進行してしまう可能性もあるので、治療をしている歯科医院に問い合わせてみるとよいでしょう。

痛みが出てしまうなど、どうしてもすぐに予約をとりたい場合は、治療中の医院にすみやかに相談をするようにしてください。

 

 

虫歯があるのにすぐに予約が取れないのはどうして?

虫歯があるとわかっているのに、歯科医院の予約が取れないということもあり困りますよね。

電話をした日から1~2週間後の予約になることはざらにあるし、前に説明した項目のように一ヶ月後の予約になってしまうこともあります。

私も歯科医院の予約は、他の病院に比べても取りにくいと感じています。

しかし、歯科医院の予約がとりにくい理由の一つは、患者一人一人を丁寧に診察してくれているからなのです。

予約がなかなか取れない理由について、いくつか回答をみつけたのでご紹介します。

 

予約が取れないのは患者につきっきりになるから!

歯科医院は基本的に予約制で、当日病院に行けばすぐに診察してもらえるわけではありませんよね。

なぜ予約が取れないと診察をしてもらえないのでしょう。

それは、診察時間中ずっと先生または歯科衛生士が、患者につきっきりで治療する必要があるからなのです。

他の診療科を考えてみると、内科は主に問診をして薬を処方され、患者は自宅で薬を飲みながら経過観察をします。

眼科も簡単な検査は看護師さんが行い、先生は検査結果をみた上でさらに細かい検査が必要なのか判断していると思います。

もちろん、医師がつきっきりで診察をしなければならない場合があるかもしれません。

しかし、歯科医院ほどずっと医師が一人の患者についていなければならない診療科はないのではないでしょうか。

そうなると、医師一人に対して1日で診察できる患者数はかなり限定されます。

虫歯の治療一つとっても、歯を削って詰め物をする、重い虫歯ならばさらに時間がかかり被せものの型どりが必要です。

歯科医院の治療は常に医師か衛生士が治療行為を行っていなければなりません。

そのため、一人の患者に対し、丁寧に対応してくれている医院ほど、予約が取れない状況になってしまうことになります。

人気のある歯科医院ならば、次の予約が一ヶ月後になってしまうのも無理はないかもしれませんね。

歯科医院にもよりますが、多くの場合、一人の患者にかける時間は30分程度が予定されているようです。

平日の仕事や学校終わり、土日祝日といった多くの人が希望する時間帯は予約が集中します。

どんなに医院側が予約を受け付けたくても、決まった時間枠でしか受けられないため、予約が取れないということになるのです。

歯科医院の規模により、医師が複数人おり同じ30分でも多くの患者を診ることができるところもあります。

私のイメージですが、駅前や家の近所にあるような歯科医院は、医師と歯科衛生士が一人や二人というところが多いように思います。

先生の人数が少ないのならば予約が取れないのは仕方ないのかも…。

どうしてもすぐに予約をとりたいのならば、電話で問い合わせをしてみると、待ち時間はかかってしまいますが、予約の合間をみて診察してくれることもあるようです。

痛みがある、詰め物が取れて食事もできないなど、とにかく助けてもらいたいけれど、予約がとれるのが一ヶ月後!という時もあるかと思います。

そんなときは一度医院に相談の問い合わせをして助けを求めてみましょう。

 

予約が取れないから他の歯科医院を受診してもいいの?

そもそも虫歯の治療中に、他の歯科医院を受診することは問題ないのでしょうか?

日本では、患者は主治医を固定する決まりはなく、自由に病院を選ぶことができます。

つまり、治療中であっても患者の意思で病院を変えることはできます。

他の歯科医院へ移ることで、前の医院では行われなかった検査を受けられたり、よりよい治療法を説明してもらえたりすることもあるかもしれません。

しかし、医院を変えることはメリットばかりではありません。

歯科医院では、治療に入る前に虫歯の状態や本数に合わせて、治療プランを決めどのように治療を進めていくか説明された覚えたはありませんか?

歯科医院ではその後、よほど虫歯の進行や噛み合わせなどに支障が出ない場合は、そのプランにそって治療を進めます。

このときに患者が勝手に別の医院へ移ってしまうと、計画していた治療プランが台無しになってしまうのです。

さらに、新しい医院ではカルテ作成のために一から検査などが必要になり、かえって時間がかかってしまう場合がありますよ。

私の体験談で、1年ほど間をあけてから再度通院した歯科医院の話ですが、間があくとすぐに治療に取りかかれない、と言われたことがありました。

理由は、現在の歯の状態を確認したうえで、カルテを再度作成しなければならないためだそうです。

考えてみれば当たり前ですが、現在どのような疾患があるのかを正しく医師が把握しなければ、適切な治療をしてもらえませんよね。

医師と衛生士が情報を共有するためにも、カルテ作成は非常に重要なことです。

カルテ作成のために通う日数が1日多く必要になることは忘れてはいけません。

一度治療を始めたら、別の医院にはかからず通い続けることが一番おすすめです。

やむを得ず、治療する医院を変えたら、その後はコロコロと転院せず治療が完了するまで通い続けるとよいですね。

 

どうして治療のために何度も通わなければいけないの?

歯科医院は、治療のために何度も通わなくてはならず面倒ですよね…。

予約がテンポ良く取れないのならばなおさらです。

一度で削ったり薬を詰めたりしてくれれば何度も通わなくていいんじゃないの?

私も何度こう思ったことでしょう…。しかし、それには理由があったのです。

歯科医院では投薬だけで治療できる場合がほとんどなく、治療も段階をふまなければならないものが多いのです。

虫歯が進行しているときほど、治療に通う回数は増えます。

小さな虫歯ならば、治療が一度で終わる場合もあるそうです。

しかし虫歯が進行しており、詰め物を作成したり神経を抜いたりする必要がある場合は、時間と回数がかかるのです。

詰め物を作成するには、その場ですぐには作れないので、技工所で作成してもらいます。

治療では歯型をとり、それをもとに詰め物を作成するので、時間がかかるのは頷けますね。

神経を抜く治療は細い針や薬を使い、少しずつ手作業で感染物質を取り除くため、時間がかかるんですよ。

奥歯の場合は神経がとおる歯の根っこが2~4本あり、より治療回数が必要となりますね。

さらに、噛み合わせを確認しながら治療を行うため、多くの歯科医院では虫歯を一本ずつ治療します。

虫歯が増えるほど、治療に時間がかかってしまうことがよくわかりますね。

 

 

虫歯を治すために予約は治療のしやすい医院を選ぼう!

虫歯を治すのに必要なことは、治療しやすい歯科医院を選ぶことです!

治療しやすいということは、自分が通いやすく治療を継続できる歯科医院ということです。

具体的にはどのような歯科医院が治療しやすいと言えるのでしょうか?

治療しやすい歯科医院とはどんなところか、予約するときは何を伝えたらよいのか、確認してみましょう!

 

治療しやすい歯科医院とは?

先ほども述べたように、虫歯の治療は複数回にわたることがほとんどです。

自分の行動範囲やスケジュールに合わせた歯科医院を予約することが治療を完了するためのポイントとなります。

職場の近くでは、平日はあなたと同じように仕事終わりに受診したい人で混んでいて予約もとりにくいですよね。

また家の近くだとしても、土日診療を行っていないところだと平日は通いづらく感じることもあるでしょう。

あなたが仕事や学校の部活動で毎日忙しく、土日にしか受診できないのならば、土日に通えるところを。

平日に休みがとれて時間に融通がきくのならば、自宅から通いやすく、平日の予約がとりやすちところを。

私のように土日休みでも、普段から出掛けることが多く、家の近所よりは出先の駅近くが通いやすいこともありますよね。

あなたのスケジュールや行動範囲によって、一番通いやすいと考えられる歯科医院を予約しましょう。

歯科医院を探すときに、ネットでは口コミも多く閲覧することができますが、全てを鵜呑みにすることはおすすめしません。

医師と患者も人間同士なので相性が合わないこともあるでしょう。

口コミは複数候補があるうちの、どこに決めるかを選ぶときに参考として確認するくらいがちょうどいいかもしれません。

口コミが良い病院を選びたい気持ちは私にもわかりますが、まずは通い続けることが大切ですよ!

 

予約するときに伝えた方がよいことは?

ここまでお伝えしたことを調べていたら、予約をするときは何を伝えればいいのかわからない…。という疑問が多くありました。

ネット予約できる歯科医院も増えていますが、電話予約が一般的ですね。

電話予約では何を話したらいいのかわからない、というあなたのために、予約時に伝えたほうがいいことを説明します!

  • 予約したいことを伝える
  • 名前、連絡のつきやすい電話番号を伝える
  • 予約したい医院は初めてか、以前も来院したことがあるかを伝える
  • 症状を伝える
  • 希望の日時や曜日を伝え、予約日を決める

上記の順番どおりでなくても、初めに虫歯治療のために予約したいと伝えれば、相手の方から必要な情報を質問してくれます。

電話番号や自分の予定などは、スムーズに伝えられるように電話をかける前に準備しておくと良いですね!

予約日を設定したら、相手が予約内容を復唱してくれると思います。

聞き流さず、自分が認識している日時と相違がないかしっかりと確認しましょう。

予約日に来院できなくなってしまった場合は、必ず一言連絡をいれてくださいね!

予約を変更したい、キャンセルしたいというときには、無断キャンセルが一番相手を困らせてしまいます。

当日でも必ず行けなくなったことを連絡をするようにしましょう。

 

 

まとめ

  • 歯科医院の予約が一ヶ月後になってしまっても、初期の虫歯ならば問題はないが、虫歯の進行度は見た目にはわからない
  • 虫歯による痛みがある場合は、予約している歯科医院に痛みがあることを伝えると早めに診察してもらえることがある
  • 治療を始めていて薬を詰めただけの状態だが、患部を固め歯を残すためにわざと時間をあける場合もある
  • 歯科医院の予約が一ヶ月後まで取れないのは、医師がそれぞれの患者を丁寧に診察、治療しているから
  • 治療途中で歯科医院を変更することはでき、治療法の選択肢が広がるが、カルテを初めから作り直すなど、より時間がかかることがある
  • 歯科医院の治療に何度も通わなければならないのは、治療をするのに段階をふまないといけないから
  • 歯科医院を選ぶ時は、あなたのスケジュールや行動範囲を考えて選ぼう
  • 歯科医院の電話予約をするときは、予約したい旨を伝え、聞かれたことに答えられるように準備しよう

虫歯になってしまったら、すぐにでも予約がとりたいですが、予約が一ヶ月後になっしまっても慌てないでください。

気になることがあれば電話で問い合わせることで、あなたの疑問に答えてくれますよ!

歯は健康のバロメーターともいいます。完全に虫歯を治療して歯を大切にしたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました