奨学金は給付型と貸与型の両方申し込める!?分かりやすく徹底解説!

奨学金

あなたは、大学進学を考えている学生さんですか?もしくはお子さんの大学進学について考えておられる親御さんでしょうか。

もし、授業料を払っていけるだろうか…と悩んでいるなら、まず思い浮かぶのが「奨学金」ですよね。

奨学金について調べると、奨学金には給付型と貸与型があるということが分かります。

「両方ともどんな制度なの?給付型と貸与型の両方申し込むことはできるの?」こんな疑問を持っている方は多いようです。

「奨学金」という言葉はよく聞きますが、実際に調べてみると難しい制度だな…と思いませんか?実は、私がそうでした。

この記事では、奨学金の給付型と貸与型は、両方申し込むことはできるのか?その違いや条件について解説しています。

分かってしまえば難しいことはありません。奨学金を上手に活用しましょう!

 

 

奨学金は給付型と貸与型の両方申し込める!

まず奨学金を申し込む前には、どの奨学金に申し込めばよいのか考えますよね。

さっそく質問!奨学金は、給付型と貸与型の両方とも申し込みできるんですか?

はい!給付型と貸与型の両方とも申し込み可能です。

奨学金を申し込んだとしても、必ず受けられるというわけではありません。

給付型も貸与型も両方申し込むことは可能です。両方とも申し込んでおきましょう。

両方申し込んでおいて、受けらえる方で奨学金を受けることもできますし、どちらも採用された場合は、どちらも受けるということも可能です。

「なるほど。両方申し込みできるんだ!」と分かったところで、少し整理しておきましょう。

両方申し込むということは、給付型と貸与型に違いがあるということですよね。どのような違いがあるのでしょうか?

 

 

奨学金の給付型と貸与型はどんな違いがあるの?

まず本題に入る前に、必要な情報を簡単に解説しますね。

奨学金についての解説は難しいものが多いので、それで私はあきらめそうになりました(笑)ここでは、とっても簡単に解説します。

まず奨学金には、それぞれの大学が独自で出しているものや、さまざまな団体が出しているものなどたくさんあります。

この時点で「えっ、そうなの?どれにしたらいいんだろう…」となりますよね(笑)

ただ、1番多くの人が使っているのは日本学生支援機構の奨学金制度です。まずはその制度について調べましょう。

ここでは、日本学生支援機構での給付型と貸与型の違いについて解説します。

 

返済の義務

給付型と貸与型の1番の違いは、返済する必要があるかどうかです。

給付型は返済義務のない、「返さなくてもいい」奨学金です。

へぇ~。返さなくていい奨学金もあるなんていいな。

 

貸与型は返済義務のある、「返す必要のある」奨学金です。

なるほど。そういう違いなんだ。

また貸与型には、利息がない「第1種奨学金」と、利息のない「第2種奨学金」があるため、まとめると3つのタイプがあることになります。

奨学金のタイプ
  • 給付型…返さなくてよい奨学金
  • 貸与型第1種奨学金…返す必要があり、利息のない奨学金
  • 貸与型第2種奨学金…返す必要があり、利息がある奨学金

貸与型を利用する場合は、返済することを考えて、あらかじめ返済計画を考えておく必要がありますね。

 

条件の違い

給付型と貸与型の2つ目の違いは、受けられる条件の違いです。

奨学金を受けるために必要な主な条件は、本人の学力と、世帯収入がどれくらいかということです。

学力と聞くと、かなり優秀な人でなければ受けられないのでは…と思うかもしれませんが、給付型の場合は「学びたい」という本人の意欲や人となりも見て判断してくれるようです。

貸与型の場合は、学力は平均以上の成績が必要です。

また、世帯収入が基準より高いと申し込むことができません。

貸与型の第1種と第2種はそれぞれの基準があり、利息のない第1種奨学金よりも、利息のある第2種奨学金の方が基準は厳しくありません。

それで貸与型第2種奨学金の場合、基準を満たしていれば受けられる可能性が高い奨学金と言えます。

奨学金の基準
  • 給付型奨学金…世帯収入の基準を満たしていれば、学ぶ意欲で判断してもらえる
  • 貸与型第1種奨学金…学力、世帯収入ともに基準は厳しい
  • 貸与型第2種奨学金…基準を満たしていれば受けられる可能性が高い

 

 

奨学金の給付型は条件が変わった?新給付型とは

ここまでは、奨学金の給付型と貸与型の違いについて簡単に解説しました。

給付型や貸与型にはそれぞれ条件があり、受けられる人に限りがあります。

それで、給付型と貸与型の両方申し込んでおいた方がよい場合があるのです。

返す必要がないなら、できれば給付型も受けたいと思いますよね。給付型について調べていると、こんな疑問を持たれるかもしれません。

給付型について調べていたら、「新給付型」ということばが出てきたけど、これってなんだろう?給付型と新給付型があるの?

実は、日本学生支援機構では令和2年度から新しい給付型奨学金が実施されており、それが「新給付型」とよばれることがあります。

給付型と新給付型があるわけではなく、給付型が新しくなったため、以前の制度と分けて「新給付型」とよばれているのです。ややこしいですよね(笑)

この新給付型は、以前の給付型と条件などが変わっています。

給付型について調べるときは、以前の情報ではないか注意してください。

給付型と新給付型の違い
  • 世帯収入の基準が厳しくなくなった
  • 推薦してもらえる人数の制限がなくなった
  • 支給される金額が増えた
  • 学ぶ意欲を見て判断してもらえるようになった
  • 授業料や入学金の免除や減額も受けられるようになった

条件が厳しくなくなり、以前より受けやすくなっていることがわかりますよね。

ただ、この給付型は全ての大学で受けられるわけではなく、給付型奨学金の対象校として選ばれた大学でしか受けられません。

志望している大学が対象かどうかまず確認してくださいね。

 

 

まとめ

  • 奨学金の給付型と貸与型は両方申し込める
  • 給付型と貸与型の違いは返済義務があるかないか
  • 給付型と貸与型は受けられる条件も違う
  • 給付型は令和2年度から新しくなっているため注意が必要

いかがだったでしょうか?奨学金制度は難しく感じることもありますが、とても役に立つ制度ですよね。

大学進学をあきらめる必要はありません。奨学金を上手に活用しましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました