宜野湾市の塾でおすすめは?自分に合った塾選びが志望高校合格のカギ!

オンライン

宜野湾市には公立中学校が4校あり、この通学区域から通える県立普通科高校は11校(嘉数中学校区域のみ12校)あります。

沖縄の大学進学率が上昇する中、宜野湾市でも志望高校を目指して塾に通う生徒は多いですよね。

「あの高校に行きたい!」「もっと学力を上げたい!」と思ったら塾選びも大切。

塾には大きく分けて、集団指導型と個別指導型があります。

塾ってどう探したらいい?

おすすめの塾ってあるの?

個別指導と集団指導では、目的や生徒の性格によって向き不向きがあります。

特徴や評判、口コミなどから宜野湾市内でおすすめの個別指導塾、集団指導塾を紹介します。

おすすめ塾のほか、塾へ通うのはいつから?夏期講習は行くべき?といった疑問にもお答えします。

高校受験の第一歩となる塾選びで迷ったら、参考にしてくださいね。

 

 

宜野湾市塾のおすすめを個別指導と集団指導別に紹介!

先ほど少しお伝えした通り、塾には大きく分けて個別指導型塾と集団指導型塾の2タイプあります。

個別指導塾では、先生1人に対し生徒1~3人が指導を受けます。

集団指導塾は、1クラスが小規模で10人程度から、大規模になると数十人で授業を受けることとなります。

宜野湾市内の学習塾で、口コミでも評判が良いおすすめ塾を個別指導塾、集団指導塾それぞれピックアップしてみました。

宜野湾市は、このほかにもたくさん塾があります。あなたが「ここなら頑張れると感じる」、「性格的に向いている」と思う塾を選びましょう。

塾を紹介する前に、個別指導塾と集団指導塾で、それぞれメリットとデメリットはどんなことがあげられるか見てみましょう。

個別指導塾のメリットとデメリット

【メリット】

  • 生徒の理解度に合わせて授業が進められる
  • 先生とのコミュケーションが取りやすく、信頼関係を築きやすい
  • 部活や習い事で忙しい生徒も、ある程度スケジュール調整できる

【デメリット】

  • 集団指導塾に比べると費用が高い
  • 競ったり励まし合ったりする仲間がいないため、自分とライバルの状況を把握しにくい
  • 1人または少人数のため、勉強意欲を持続させにくい

「学校の授業が合わない」、「苦手科目を克服したい」という場合は個別指導塾がおすすめです。

また、大人数の中では積極的に質問しにくいと感じているなら、個別指導塾が向いているかもしれません。

集団指導塾のメリットとデメリット

【メリット】

  • 個別指導塾に比べると費用が安い
  • 同じ学力レベルの仲間がいることで、勉強意欲を持続させやすく、競争心も芽生える
  • 知識抱負で指導力の高いプロ講師から授業が受けられる

【デメリット】

  • 大人数のクラスになるほど、生徒一人一人へ目が行き届かなくなる
  • 学習計画が固定されているため、理解できていなくても授業は先へ進んでしまう
  • 学期途中からの入塾がしにくい

部活やほかの習い事があって忙しい場合は、集団指導塾だと欠席すると授業についていけなくなる可能性もあります。

しかし、仲間と一緒に競争しながら学力アップしたいと思うなら、集団指導塾の方がおすすめです。

「家から近い」「友達が行っているから」という理由だけで塾を選んでしまうと、その塾と合わなかった場合でも簡単にはやめられませんよね。

ほとんどの塾では無料体験授業や見学ができるようになっています。塾へ通う目的は何かよく考えて、あなたが合うと思う塾を探しましょう。

 

個別指導塾 トライプラス 宜野湾コンベンションシティ校

宜野湾コンベンションシティは真志喜中学校の近くですね。

トライプラスは「家庭教師のトライ」から生まれた個別指導塾です。全国で培った指導実績があるので、頼りになりそうです。

生徒の性格や学習状況、目標に合わせて完全オーダーメードで学習計画を作成してくれます。

  • 登録講師は、国公立を中心とした大学生や塾講師・家庭教師が本業のプロ講師
  • 同じ講師が指導する担任制で信頼関係を築ける
  • 授業は対面式の個別指導ブースで行う
  • 演習エリアで自習できる
  • 体験授業がある
  • 予算に合わせた学習計画の作成も相談できる

サンエー内にあるから送り迎えがしやすいよ

受験対策の相談にも乗ってくれて助かりました!

塾選びでは、保護者が納得できるということも大事ですね。

 

個別指導 スクールIE

個別指導スクールIEは、宜野湾市内に3校(宜野湾校、普天間校、真志喜校)あります。

生徒の個性を重視した指導方法で「やる気スイッチ」が入るそうですよ。

  • 個性診断、学力診断の結果から学習計画を提案してくれる
  • 講師も個性診断を受け、相性の良い担任と引き合わせてもらえる
  • 生徒専用オリジナルテキストを作成し、成長に合わせて4か月ごとの学習計画見直しもしてくれる
  • 無料体験授業が受けられる

説明が丁寧だったし、子どもも先生を信頼していたみたい。

その日どんなことをしたかという報告がもらえるから、親も安心。

「個性診断」はユニークですね。生徒だけでなく、講師も診断を受けることが信頼につながっているのではないでしょうか。

 

個別指導Axis(アクシス)宜野湾校

個別指導Axis(アクシス)は沖縄市から糸満市まで18校あります。宜野湾市内は真志喜中学校近くに1校です。

  • AIが分析した学習結果により、効率よく個別の学習計画と教材を作成してくれる
  • 精鋭講師陣によるレベルの高い授業が、オンラインゼミで受けられる
  • 自習ブースが自由に使える
  • 体験授業、無料のオンライン学習相談がある

個別指導だから料金は少し高いと思うけど、講師の対応が丁寧で良かったよ。

自習室が自由に使えるのはいいですね。

やはり個別指導塾となると、保護者にとっては費用がかかると思われるようです。

宜野湾校のスローガンは「厳しさ・熱気・大笑い」だそうです。楽しく学習できそうですね。

 

意伸学院

意伸学院は宜野湾市に2校、真志喜校と宜野湾校があります。

沖縄市に本校がある学習塾で、地域児童・生徒の学力アップと学習サポートに取り組んでいます。

  • 1対1の個別授業と、5~10人の少人数クラスがある
  • 生徒それぞれの学力レベルや志望校に合わせた学習計画を作成してもらえる
  • 定期的な面談で進路や学習についての悩みを相談しやすい

子どものレベルに合わせて、柔軟な対応をしてくれてよかったよ。

先生が専用の教材で、苦手な部分にじっくり向き合ってくれました。

集団指導型といっても少人数クラスなので、先生とコミュニケーションが取りやすく、質問もしやすい環境のようです。

 

進学塾トリプル・アイ 宜野湾スクール

進学塾トリプル・アイは、沖縄の教育環境に合わせた指導を行う塾です。

  • 授業は少人数制で講師の目が行き届きやすい
  • 講師が生徒の自信とやる気を引き出す声掛けや出迎えをしてくれて、勉強意欲が持続しやすい
  • 各教科専門の講師が丁寧に指導してくれる
  • 無料の体験授業がある

塾長が面白くて、先生たちの教え方は上手でわかりやすかったよ!

子どもから不満の声を聞くことはなかったから、塾が合っていたみたい。

集団指導型の塾は友達が増え、ライバル意識も芽生えるため、仲間と競い励まし合って成績向上につながりそうですね。

宜野湾市では集団指導塾でも少人数制塾が多いようです。ここで紹介した以外にも宜野湾市内はたくさんの塾がありますよ。

塾のほかにも、家で学べる家庭教師や通信教育・ネット学習といろいろな手段があります。

入会金や授業料もさまざまです。保護者の方ともよく話し合いましょう。

あなたが「これなら頑張れる!」という方法をじっくり選びましょう。そして効果的に成績アップを目指してくださいね。

 

 

宜野湾市では塾の夏期講習に行った方がいい?

長い夏休み、宜野湾市の中学生は夏期講習に行った方がよいのでしょうか。

塾に通っていないけど、夏期講習だけ受けることはできるのかな?

普段から塾へ通っている生徒は、塾で夏期講習の案内を受けます。ほとんどの生徒が夏期講習に参加しています。

任意参加といって、参加は生徒の意思に任せている塾もあるようですが、必ず参加となっている塾は多いようです。

塾へ通っていない生徒も、夏期講習だけ申し込むことは可能です。夏期講習を終えると、2学期から継続してその塾に通うという生徒が多いですよ。

中学生の夏期講習は、基本的に「復習」となっています。3年生になると、受験対策などのコースもあります。

1、2年生で塾へ通っていない生徒が、夏期講習に参加する理由はさまざまです。

  • 定期テストの成績が良くなかった
  • 苦手科目を克服したい
  • 勉強の習慣を身につけたい
  • 1、2年生ですでに難関校を志望している

3年生になると、夏休みが過ぎればいよいよ本格的な受験準備が始まりますよね。

  • 1年生から3年生1学期までの総復習をしたい
  • 志望校に向けたレベルアップをしたい
  • 苦手科目を克服したい

宜野湾市の中学3年生もすでに塾へ通っている生徒は多いと思いますが、やはりしっかりとした目的があるようです。

これまで塾へ通っていなかった生徒にとって、夏期講習はこれから通う塾を検討する機会にもなりますね。

宜野湾市で夏期講習を実施する塾では、教室の授業以外に合宿が行われるところもあるようです。

通常の塾とは別料金となるため、内容によって高額なこともあります。

あなたが受講する目的をしっかり考えて、ご家族と一緒に決めましょう。

 

 

宜野湾市の塾に中学生はいつから通っている?

中学生が高校受験のために塾へ通うなら、いつからがいいのかなぁ?

塾では、新学年の授業が2月~3月頃から始まります。

塾での学習計画をしっかり受講するためには、2月~3月頃から塾へ通うことがよいと言われています。

中学1年生から通う生徒もいれば、先ほど紹介したように、夏期講習がきっかけで通う生徒もいます。

部活を頑張りたいから、3年生で引退してからじゃないと通えないよ!

3年生で部活を引退する生徒は、夏休み前後から塾へ通う生徒も多くいます。

中学生が塾へ通うなら、新学年や新学期スタートのタイミングがおすすめです。時期は遅くても3年生の夏休み前後がよいでしょう。

令和2年度卒業生を例に挙げると、沖縄県の高校生は、卒業後約40%が大学等へ進学しています。

ここでいう「大学等」とは大学、短期大学、高等専門学校、専門学校のことです(通常は大学院も含みます)。

全国で比較するとまだ低いですが、高校生の進学率は徐々に上昇しています。

沖縄では住んでいる地域によって通学区域が定められていて、受験できる県立普通科高校が決まっていますよね。

宜野湾市は「中頭学区」に該当します。その中には県立普通科高校が11校あります。

ただし嘉数中学校区のみ、那覇学区の西原高校も通学区域に加わり12校となります。

ほかには、学区に関係なく全県域から通学できる普通科以外の県立高校、私立高校や高等専門学校(高専)もありますね。

高校卒業後、大学等へ進学するためには、進学校といわれる高校や、行きたい大学の合格実績がある高校を目指すこととなるでしょう。

必ず塾へ通わないといけないとか、塾へ行かないと高校に合格しない、ということはありません。

しかし、中学生になり高校受験を意識するようになったら、志望校合格の対策をしてくれる塾を利用した方が勉強の効率も上がりますね。

 

宜野湾市の支援制度について

家は生活が大変だから、塾なんてとても通えないよ。

塾で勉強したいけど、親には言いにくいな。

中学生のあなたは、こんな悩みを持っていませんか?

宜野湾市では、ひとり親家庭や生活困窮(こんきゅう)世帯に暮らす中学生に対し、学習や高校進学をサポートする「学習・生活支援事業」があります。

沖縄国際大学の大学生が、ひとり親家庭に暮らす中学1~3年生の学習を個別指導形式でサポートしてくれます。

大学生による学習支援は、宜野湾市役所と沖縄国際大学の学生が連携したボランティアサークル活動です。

また、生活保護受給世帯で暮らす中学生に対しては、高校進学を支援します。市が指定する塾へ通う費用を、公費で負担してくれるのです。

ただし、塾の支援は費用負担になるため、いくつか条件あります。これは親御さんが申請しなければなりません。

もしあなたやあなたの家庭が当てはまるようなら、親御さんに相談し、宜野湾市役所へ問い合わせてみてはいかがでしょうか。

【問い合わせの窓口】

  • 沖縄国際大学の学習支援ボランティアサークル:宜野湾市役所 児童家庭課
  • 生活困窮世帯に暮らす中学生が塾へ通うための費用負担:宜野湾市役所 生活福祉課 生活支援係

 

 

まとめ

  • 塾には個別指導型と集団指導型がある
  • 個別指導塾と集団指導塾は生徒によって向き不向きがある
  • 宜野湾市でも個別指導塾が人気だが、集団指導塾もおすすめはある
  • 塾に通っていない生徒は夏期講習だけでも受けられる
  • 夏期講習からそのまま2学期以降も塾に通う生徒も多い
  • 中学生で塾に通うなら、新学年や新学期のスタート、夏休み前後がおすすめ
  • 宜野湾市には、ひとり親家庭や生活困窮世帯で暮らす中学生の学習サポートや、通塾の費用を負担する支援事業がある

宜野湾市には普通科高校や商業、工業など専門学科の高校もたくさんあります。学校の数に比例して、塾の数も多いですよね。

おすすめ塾を紹介しましたが、そのほかたくさんある中から、あなたに合った塾が見つかり、志望高校合格を目指せるといいですね。

将来に向けてあなたの可能性が広がることを応援しています!

コメント

タイトルとURLをコピーしました