メタバースはリップルの仮想通貨で決まり?人気の理由と口座開設方法

オンライン

メタバースは2021年10月にFacebook社が社名をMeta に変更してから一気に関心が強まりましたね。

メタバースの動向には目が離せない状況の中で、合わせて目が離せないのは仮想通貨リップルの動きです。

この仮想通貨リップルはアメリカのリップル社のものですが何だか最近話題に上がることが多いんですよね。

あなたはリップルのことをどのくらい知っていますか?世界中で今後の期待がされている仮想通貨リップル。

私が調べ上げた結果、数ある仮想通貨の中からあなたが選ぶべき仮想通貨にこのリップルをおすすめしますよ!

それではメタバースで使用する仮想通貨リップルが世界で期待される人気の理由と口座開設の方法までをお伝えしていきますね。

メタバースはリップルの仮想通貨で決まり?!その理由

このリップルって2021年に大暴落したって話があるけど本当に大丈夫なの?

はい!今は多くの投資家から注目の的になっていますよ。リップルは圧倒的な送金速度や安価な国際送金手数料が魅力的ですからね。

確かに2021年にリップルは大暴落した話は事実なのでちょっと手を出しづらいし期待なんてできないのが正直なところですよね。

でも待ってください!私にリップルの魅力についてお伝えさせてください。

リップルを持つリップル社はどんな会社なのか

まずリップルとはアメリカに拠点を置いたリップル社の仮想通貨のことです。

リップル社は銀行間送金向けの国際送金プラットフォーム「RippleNet」を持っていてこの「RippleNet」上で使用されるのが仮想通貨「リップル」(XRP) です。

リップル社の目標はあらゆる「価値」というものを安価で世界中のどこへでも動かすこととしています。

仮想通貨と暗号資産は同じ意味のものですが暗号資産の「ビットコイン」や「イーサリアム」という名前はあなたも聞いたことがあるのではないでしょうか?

暗号資産の銘柄として代表的でトップに位置づいているのがこの「ビットコイン」と「イーサリアム」です。

ここで気になるのがこれを追う「リップル」ですが明らかに「ビットコイン」や「イーサリアム」とは違う素晴らしいリップル社の特徴があります。

この特徴は大きく分けてふたつありますのでこれを簡単にお伝えしていきますね。

リップルはブロックチェーンを使わない仮想通貨

「ビットコイン」など暗号資産の大半はブロックチェーンに送金データを分散管理することで価値は保証されています。

しかし、リップルはXRP Ledgerという自社の送金台帳によりリップル送金データを管理しています。

自社での送金台帳があるため無駄な仲介や手数料を省くことが可能となり圧倒的な送金速度が実現するということなんですよね。

例えば「ビットコイン」が取引に10分かかるものを、リップルでは3〜5秒で可能となってしまうのです。

リップルは国際送金が安価で送金時間も早い!

銀行が国際送金をする場合は両替や回線利用など仲介企業が多くその手数料として数千円かかるそうです。

またそれを反映させるまでに数日から1週間程度かかってしまうこともあるということです。

しかし、リップルでは複雑な仲介を削減することにより手数料は約10円で送金時間も約3秒という驚きの実態となります。

このため多くの銀行がリップルとの提携を結び大手の各企業も総力を上げてリップルとの提携に挑んでいます。

どうですか?この仕組みには驚きますよね。これだけでもリップルは興味深いですよね。

リップルの今後の動向にはあなたも目をむけずにはいられなくなったのではないでしょうか。

とはいえ、メタバースにどんな関係があるの?とお思いになりましたか?そうですよね、このメタバースにどんな関わりがあってどんなお得があるのかを知りたいですよね。

わかりました!次はメタバースを含めた仮想通貨リップルについてわかりやすくお話していきますね。

メタバースにリップルの暗号資産を持つということ

メタバースの仮想空間で使用する暗号資産を、この際リップル(XRP)にして持つということを検討して期待を膨らませてみませんか。

その理由はメタバースの仮想空間で使われる暗号資産の仮想通貨リップルに今後の将来性を世界が期待し注目しているからです。

あなたも既におわかりのようにメタバースはインターネット上に作られた3D仮想空間で自分の分身をアバターとしてゲームをしたり、世界の人と交流をしたりできるというものです。

もう体験はされましたか?最近では様々な仕事への活用もされていて今後の期待が深まるメタバースです。

このメタバースの仮想空間で使用されるのが、暗号資産と言われる仮想通貨になります。

暗号資産を使えば現実世界と同じような金銭の取引が可能になになるのです。

そして土地を売買したり会社を設立しショップを開いたりということが可能となり、世界中の人を相手に繰り広げることができるのです。

私には何だか壮大すぎるイメージで頭が追いつかない感覚ですが、すごく好奇心を掻き立てられる話ではありますよね。

そのリップルの将来性と期待される人気の理由は世界で名を知られる著名人から絶大な指示をされているということが挙げられます。その著名人をおふたりご紹介しますね。

マイクロソフト創業者 ビル・ゲイツ

知らない人はいないであろうアメリカのマイクロソフト創業者であるビル・ゲイツが持つビル&メリンダ・ゲイツ財団がリップル社と提携を結びました。

ビル&メリンダ・ゲイツ財団は世界最大規模を誇る慈善団体です。

貧困撲滅のため貧しい地域により早くそしてより効果的に送金できるシステムがあることを掲げています。

そしてリップルとのパートナーシップを拡大してきているという大きな動きがあります。

 
SBIホールディング社長 北尾吉孝氏

日本金融会の重鎮とされるSBIホールディングス社長北尾氏はリップルが金融を変えるとまで述べています。

現在は「SBIバーチャルカレンシーズ(SBIVC) 」がリップル(XRP)を基軸通貨として採用しています。

そしてSBIホールディングスはリップル社の株式を10.5%も保有しアジア地域の金融機関へ「RippleNet」を広げる活動までしています。

これだけでも日本を含め世界で注目の的となり世界の関心が向けられていることがわかりますよね。

まだまだこの他にもたくさんの世界の大企業がリップル社と提携を結んでいるのです。

「Google」からも出資を受けている状況ですし複数の国立銀行とも提携をしています。

世界ではリップル社の将来性は未知なほど高いです。あなたもメタバースに暗号資産リップル(XRP) を持つことへの期待が膨らんだのではないでしょうか。

メタバースにリップルのNFTを作り出す動き

リップルってブロックチェーン技術を使わないって本当?心配だわ。

そうなんですよ!でもNFTに積極的に参加していなかったリップルもブロックチェーン技術の獲得に向け動き出していますよ。

このためにリップルは日本円で約280億規模のファンド(投資信託)を立ち上げました。

メタバースの仮想空間でデジタル資産というのはデジタルデータのことでこれは残念なことに簡単に改ざんできるというデメリットがありますからね。

NFTはブロックチェーン技術という複雑な仕組みを使い代替不可能なものとして自分のデジタル資産を守ってくれるものです!

例えばメタバースの仮想空間で自分の所有する画像や動画、そして音楽や絵画などのデジタル資産を複製や偽造ができないように守るのがNFTということになるのです。

しかしリップルは「中央集権的」なシステムにより管理者が存在し見張っているのでNFTへの積極的な参加はありませんでした。

これはリップルの「中央集権的」システムの大きなデメリットを浮き彫りにさせるものとなり心配です。

外部からリップルの中央部分に不正に攻撃を受けてしまったらデータ等が簡単に外部へ流出してしまう可能性があるということですからね。

ここがリップルの安全性というところでの大きな課題となっていたんですよね。

「ビットコイン」や「イーサリアム」などの暗号資産は「非中央集権的」といって、なんとリップルのように管理者は存在していません。

このため「ビットコイン」や「イーサリアム」はNFTブロックチェーン技術により厳重な安全確保が可能となりNFTはこの信頼性を獲得しているのです。

ただこのNFTのデメリットも存在していてNFT上の売買で仮想通貨を利用したときに発生するガス代といわれる手数料があることなんですよね。

この手数料は変動するものでもあるため場合によっては購入するものよりもガス代のほうが高くなるといったこともありえるようなんです。

でも、安全が守られるということは強い信頼に繋がるものですからとても重要なものです。

リップルに管理者がいるとはいえ、デジタル資産が流出なんてことになったら取り返しがつかないよね。

ここでリップルはXRP Ledgerで信頼の定着と新たな可能性を探るためNFT取引プラットフォームを作ることの方向性をしめしたのです。

これはリップルがブロックチェーン技術の獲得に向けNFTを新たに作り出すということらしいのですがまだ確立はされていないようです。

でもリップルが巨額な資金を投入しファンド(投資信託)を立ち上げたということは着実に動いているのは確かだといえるでしょう。

このファンドには世界の著名人や大企業らが莫大な投資をしている背景があります。

この動きには日本のSBIホールディングス北尾氏もリップルのXRPと他の様々な資産のトークン化(ブロックチェーン)に期待するといったコメントを残しています。

これでまたリップルはメタバースの仮想世界に安全性を強化してデメリットをメリットへ変えて大きな影響を与えていくことが考えられますね。

そしてメタバースの仮想世界に私達は安心して入ることができるようになります。

メタバースとリップルの今後の関わりには本当に目が離せません。

メタバースでリップルに投資を始めるために

これでリップルの可能性と今後の期待がわかったことと思いますので次はリップルで稼げるのかってことですよね。きっとここがあなたの本音でもあるのではないでしょうか。

この答えは今後リップルへの投資で稼げるチャンスは大いにあるということです!

投資なんて何だか難しそうと思われますか?メタバースは暗号資産を使って現実と同じ取引が完了するという魅力的な仕組みです。

メタバースで投資をされている方は既にたくさんいます。初めて投資をしてみたという方もとても多いのです。

今はメタバースで仮想通貨を使い投資する方法の情報サイトもたくさんあります。ですからあなたが思うほど決して難しいものではないはずです。

その一歩をここでまた踏み出すためにまずやらなければいけないことを説明していきますね。

投資で稼ぐにはまず最初に暗号資産の口座開設が必要になります。

口座開設をするためのポイントを3つとそれを取り扱う人気の高い取引所をご紹介しますね。

<口座開設の3つのポイント>

手数料の安さ取引ごとに手数料が発生するため手数料は安いほうがよい
少額投資ができるか初心者には定額での取引が安心であり500円ほどから可能な取引所もある
アプリやツールの利便性取引をすすめるには操作にストレスがないものが挑戦しやすい

<人気の高い取引所3つ>

ビットフライヤーセキュリティ面ではトップレベルの評価で信頼性が高い
コインチェック取引時の操作が簡単でストレスの無さで定評
DMM Bitcoin様々なコストメリットがあり利便性が高い

では、初心者には簡単でストレスなく操作ができる人気の「コインチェック口座開設方法」をお伝えします。スマートフォン利用が簡単そうですよ!

スマートフォンアプリの「かんたん本人確認」であればこの手続はインターネット上だけで完結できるようですね。

では実際に口座開設の方法を説明しますね。

<コインチェック口座開設方法>

  1. アプリの「コインチェック」をダウンロード
  2. 口座開設のためメールアドレスとパスワードを設定し登録
  3. 新規口座開設のお手続きへ移行し新規アカウントを作成
  4. もう一度メールアドレスとパスワードを登録
  5. 重要事項認証と電話番号を登録
  6. お客様登録情報として本人確認書類の提出審査終了後口座開設が完了

6.の本人確認書類では運転免許証、パスポート、マイナンバーカードなどいずれかが必要になります。

登録が完了したら登録住所に登録完了のハガキが届きますが「かんたん本人確認」を使えばハガキの到着を待たずにすべての機能が使用できるようです。

また暗号資産の売買は最短で翌営業日には可能となるようですが混雑具合で日数は変わるようです。

もちろんコインチェックの口座開設は無料でできますよ。そしてコインチェックには初心者に優しい機能がたくさんありますのでその一部をご紹介しますね。

<初心者に優しいコインチェックの機能>

  • スマホから最短10秒で通貨購入可能
  • 定額自動積立サービスがある
  • 月々1万円から積立が可能
  • 購入タイミングが難しくてわからない方でも入金から購入まで全て自動で投資が可能

このように安心して利用できるよう各社で工夫がされています。あなたの投資の壁が少し開けてきましたか?

あなた自身で投資を見極めてチャレンジしたいと挑戦意欲のある方でしたらコインパートナー(暗号資産に関する総合情報サイト)という便利な会員サイトがあります。

これは別に会員登録が必要になりますがこのリップルの「ここぞ」というタイミングを見極めるために戦略見放題というものを配信しています。

メタバースの仮想世界で大いに楽しむためにも仮想通貨リップルで投資してみませんか。

メタバースの世界観に投資することはこれからの自分に夢をみさせてくれそうで期待が深まりますよね。

そしてリップルは2021年12月にも仮想空間「Ledger City」のベーター版がリリースしたことや分散型アプリによる利便性向上といった新プロジェクトが発表されています。

力を秘めているリップルはこれからもどんどん新プロジェクトを掲げてくるでしょうしリップルの可能性に目をみはる投資家は多くいます。

これらのプロジェクトが本格始動する前がリップルの買い時と見る投資家も多くいるため、もしかしたら早速準備した方がよさそうですね。

まとめ

  • リップルの特徴は無駄な仲介や手数料を省くということ
  • リップルの動きは世界の著名人が注目している
  • リップルに国際銀行や世界の大企業が提携を結んでいる
  • リップルはブロックチェーン技術のNFTを確立させる可能性がある
  • リップルは安心と安全性を強化し続けている
  • リップルの口座開設は簡単にできる
  • リップルへの投資は初心者でも難しくはない

メタバースの世界に生まれ活きる仮想通貨リップルの存在感は強いことがわかりました。

メタバースというだけで難しそうだし私には無理だろうなという考えは止めたほうがいいということもわかりました。

あなたも今後計り知れない可能性を持つメタバースの世界でここは是非リップルの勢いに乗ってみてもいいのではないでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました