メタバースに必要な技術は!?仮想空間や実現されている例を詳しく紹介

オンライン

メタバースとは、インターネット上の3次元の仮想空間のことを言います。

メタ(meta=超越した)とユニバース(universe=宇宙)を組み合わせた造語でメタバースです。

なんだかかっこいい!

このメタバースという仮想空間により、生活が一変すると言われていますが、実現する為に必要な技術はたくさんあります。

メタバースの実現に必要な技術は、ネットワーク通信や仮想空間での体験を可能にする為の専門的なものばかりです!

必要な技術とは何か、どのように活用されるのか詳しくご紹介していきますね。

この記事を読めば、メタバース初心者でも、すごいスピードで進化していくメタバースについて詳しくなれますよ!

もしかしたら、もう身近にメタバースがあるかもしれません。一緒に見ていきましょう♪

 

 

メタバースに必要な技術は!?専門的な知識が必須!

メタバースに必要な技術はたくさんありますが、どの技術も専門的なものになります。

どのような技術がメタバースを支えているのか気になりますよね!

メタバースに必要な技術を、わかりやすく解説していきましょう。

メタバースに必要な技術とは
  • リアルタイムな通信を安定して提供できるネットワーク通信技術
  • ネットワークで繋がった人たちと共有される空間を表現するためのグラフィック・レンダリング技術
  • 様々な体験を現実するためのNFT技術やブロックチェーン技術

専門用語が山盛りですよね(笑)わかりやすく、説明していきます!

 

ネットワーク通信技術について

人を繋げるためにまず必要なのは、ネットワーク通信技術です。

タイムラグの無い安定したネットワークを提供できるように、日々通信技術の研究が続けられています。5Gも普及していますよね。

これにより私達は、リアルタイムな通信で仮想空間を楽しむことができるのです。

何と言っても通信技術がないと繋がらないよね。

さらに世界的に発展していくことにより、様々な場所からとても多くの接続が見込まれます。

メタバース内でタイムラグが起こり、動きにズレが出てしまってはリアルな体験から遠ざかってしまいますよね。

同時に多数の接続を処理する技術や、大きい規模でもタイムラグを無くし、ノンストレスで利用する為の技術など、さらに高度な技術が必要となっていくでしょう。

そして、それを持続していく為のシステムも、しっかりと整備していかなければいけません。

 

グラフィック・レンダリング技術について

次に必要なのが、人と人が集まるための仮想空間になります。

その仮想空間を作る為の技術のことを、グラフィック・レンダリング技術と言います。

レンダリングとは、データを元に映像などを形成して表示することを言うんだって!

高度な技術によって自由な表現が出来るようになり、室内や野外の他にも現実ではあり得ない空間が表現されています。

この技術により、仮想空間の中で非現実的な体験を楽しむことができるようになるのです。

今後は、よりリアルな仮想空間で制限なく活動できる技術や、それを表示するディスプレイについても研究が進んでいくでしょう。

さらに、メタバースを360度の視点で楽しむにはVRゴーグルが必要です。

だいぶ普及はしていますが、「ゴーグルが重い」「画面で酔う」などの意見は多く、まだまだ定着はしていません。

VRゴーグルの技術に関しても、今後の進化に期待が高まります。

 

NFT技術やブロックチェーン技術について

NFTとは、唯一無二の存在を証明できる技術のことを言います。

NFTとは「Non Fungible Token」の略で、日本語にすると「非代替性(ひだいたいせい)トークン」と言います。

非代替性とは、「替えが効かない」という意味です。トークンとは、データや通貨、モノや証明などがあります。

NFT技術で、同じものが無いことを証明できるなんてすごい!

ブロックチェーン技術とは、重要なデータを守りながらネットワーク上でのやり取りを可能にするものです。

この、ブロックチェーン技術は「経済活動のできる仮想空間」には必要不可欠な技術になります。

例えば、高い信頼性が求められる金融取引のやりとりなど、あなたの大切なデータを守りながら、やり取りができるようになるのです。

日本語にすると「分散型台帳技術」というもので、仮想通貨(暗号資産)の基盤となる技術と言われているんですよ。

お金や重要な情報のやり取りには必要な技術なのね。

メタバースの中で商品の購入が出来たり、物を販売したりできるのは、このブロックチェーン技術があるからです。

 

 

メタバースに必要な技術と仮想空間とは何かを解説!

メタバースとは、インターネット上で共有できる3次元の仮想空間のことです。

ネットワークなどのメタバースに必要な技術を使い、人々を繋げながら非日常生活を体験できる仮想空間です。

現実世界とデジタル世界の融合といわれるのがメタバースなのよ!

メタバースではユーザーが自由に移動でき、集まってゲームをしたり、ショッピングをしたり、会議やプレゼンテーションなどができたりします。

現実社会と同じように、様々な行動ができるようになるので、もう一つの世界が広がっていると表現されることも多いんですよ!

すでに、日本国内では音楽ライブやゲームで活用されていて、これから更に世界的に広がっていく技術です。

活用されている例としては以下のような物があります。

《メタバースが活用されている例》

  • 参加料で収益化するバーチャルイベント
  • 仮想空間内でのバーチャル観光
  • NFTを活用してゲーム内でアイテムやキャラクターが購入できる
  • ゲーム内で購入したアイテムを持ち、他のゲーム間を行き来する
  • 「マインクラフト」「どうぶつの森」「フォートナイト」など、複数人数が仮想空間で生活するゲームも、広い意味ではメタバースに該当する

聞いたことのあるゲームありましたよね?これもメタバースなんですよ!

ゲーム内で購入したアイテムやキャラクターは、これまで他のゲームでは使うことが出来ませんでした。

これもNFTやブロックチェーンなど、メタバースに必要な技術を駆使したことにより可能になったことです。

話題になったのは、2021年10月にアメリカのFacebook社が「メタ・プラットフォームズ」に社名変更したことです。

これにはメタバースのイメージをアピールする目的があると言われています。

アメリカのマイクロソフト社もオンラインツールをメタバース仕様にする計画を発表しています。

世界的にも注目度が高く、これからの時代に必要な技術だということがわかりますよね!

ちなみに日本では、KDDIや東急が中心となり「バーチャルシティコンソーシアム」を発足、都市連動型メタバースを構想しています。

メタバース協会も設立され、メタバースを利用するためのガイドラインの作成や、ビジネス環境の整備など、準備がどんどん進んでいます。

今後メタバースが更に普及することにより、以下のようなことが出来るようになるでしょう。

メタバースで更に期待されること
  • 立体的なプロモーションによりオンラインショッピングがより利用しやすくなる
  • オンラインイベントの思い出に商品を買うことができる
  • 様々な企業が参入することで身近に観光やプロモーションを見ることができる
  • 非現実的な体験をすることができる

家の中でも、実際にその場にいるような体験ができるとは、技術の進化はすごいなと感心してしまいます。

 

 

メタバースで必要な技術と実現されている例を紹介!

メタバースはエンタメ業界など様々なところで、すでに実現されています!

必要な技術を駆使し、すでに実現されているなんてワクワクしますよね♪

先程も少し触れましたが、ゲーム業界ではメタバースがわかりやすく展開されています。

《マインクラフト》

  • マイクロソフト社の開発したゲーム
  • 3Dのブロックで構成された仮想空間の中で、自由に冒険や建築を行うことができる
  • マインクラフトでは、草原や山岳、海底などの様々な地形が広がっていて、メタバース上でプレイヤーが自由に活動できるポイントが人気に繋がっている
  • ブロックチェーン技術にも積極的に取り組んでいて、マインクラフト上にデジタル資産の導入や開発を進めている

《フォートナイト》

  • フォートナイトは複数人のプレイヤーとバトルを楽しめるオンラインゲーム
  • ボイスチャットの機能を使い、友達と会話しながらゲームが楽しめる
  • 2020年8月には、シンガーソングライターの米津玄師さんのライブイベントが、フォートナイト内で開催された
  • バーチャルイベントを開催する際のプラットフォームとしても期待されている

《ロブロックス》

  • 日本での知名度は、まだ高くありませんが世界的に人気のゲーム
  • レゴブロックのような見た目の主人公を操作し、様々なゲームをプレイしていく
  • ロブロックスの大きな特徴は、ユーザーがロブロックス上で配信されるゲームを開発、配信してゲーム内の通貨を通して収益化できるということ
  • ゲーム内で経済圏が発生するのでメタバース化している

ゲーム好きなら聞いたことがある名前もあるのでは無いですか?

ちなみに「プラットフォーム」とは、あらゆる機器やソフトウェアを動作させるために必要な技術で、基盤となる装置などのことを言います。

そして、エンターティメント業界では以下のような展開がされています。

《VARP》バーチャルパークシステム

  • 仮想空間上であらゆるイベント体験が可能になるプラットフォーム
  • 日本が活動中心のクリエイティブ集団「PARTY」が立ち上げた
  • VARPの利用によりアーティストがファンへ自分の作品を届けることができるようになる
  • 2021年7月に「RADWIMPS」がバーチャルライブを行い話題になった

《Horizon Workrooms》ホライゾンワークルームズ

  • Facebook社が展開している
  • CGで作成された仮想空間上で会議やセミナーを開くことが可能になる
  • VRを利用するので直接対面しているような感覚でコミュニケーションが取れる

《BEAMSバーチャルショップ》

  • 3Dアイテムやリアルな商品を売り買いできるVRイベントに出店している
  • オンラインショップとは違い、実際の店舗に行ったような感覚でお買い物ができる
  • BEAMSの社員がショップスタッフのアバターを操作し、店内を案内してくれる
  • 店舗に展示されているアバターに触れると、そのアバターが着用している商品を公式オンラインショップで購入することができる

画面で見るインターネットよりも、よりリアルに現場の雰囲気を体験することができます。

この実現により、知りたい情報を細部まで詳しく見ることができるようになります。

ちなみにVRとはバーチャルリアリティの略で、実物ではないがそれとほぼ同じ物を見ることができる技術です。

VRはゴーグルをかけて見ますが、テレビなどでも最近よく見る姿では無いでしょうか。

VRは、ゲームセンターにも増えてきてるよね!

もっと遠い未来の話かなと思っていました。必要な技術がたくさん活用されて、どんどん身近になってきているんですね!

私もマインクラフトはプレイしたことがありますし、すでにメタバースを体験していたことに驚きました(笑)

 

 

まとめ

  • メタバースとはインターネット上の3次元の仮想空間のことをいう
  • メタバースに必要な技術は、専門的な技術と形にするシステムで主に4つある
  • 必要な技術は、通信技術、グラフィク・レンダリング技術、NFT技術、ブロックチェーン技術
  • 同じものが無いことを証明する技術がNFT技術、重要なデータを安全にやり取りする技術がブロックチェーン技術である
  • メタバースはゲーム業界やエンタメ業界で既に取り入れられていて身近なゲームでも体験できる
  • メタバース内でのバーチャル観光や、会議などビジネスシーンでの活用も期待されている
  • 家にいながら様々な体験ができ、非日常を味わうことができるので世界的にも注目されている技術になる

メタバースは知れば知るほど、すごい技術なんだなと驚きました。

オンラインで集まってゲームをしたり、家にいながらお買い物が出来たりするのは、必要な技術に支えられているからなんですね。メタバースの今後に期待です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました